iOS10、触って使って分かった「意外な真実」

その進化は想像以上にさりげないものだった

新しい時計アプリには「ベッドタイム」という新機能が追加されており、毎日決まった時間の就寝と起床を手助けしてくれる。普段の就寝時間と起床時間を設定し、就寝時間前には通知が届き、起床時間には専用アラームでの起床を行うことが可能になる。

就寝時間と起床時間は記録され、ヘルスケアアプリの睡眠の項目で確認することができる仕組みだ。より詳細な睡眠の質の分析は活動量計が必要だが、普段の睡眠時間の記録はiPhoneだけで行えるようになる。

新iPhoneではアプリによる自由度がより高まる

これはユーザーというよりは開発者に対するメッセージになるかもしれないが、iOS 10の真価が発揮されるのは、開発者のアプリがiOS 10に対応してからだ、ということが強く感じられた。iOS 10に搭載される機能の充実は、思った以上にさりげないものだったからだ。

使いやすくなったウィジェット画面は、普段よく使うアプリのウィジェットがどんな機能をもたらすかで、大きく印象が変わるし、便利さも変わるだろう。通知にしても、新着通知の小窓の中で、どこまでの作業をユーザーが実現できるかで、アプリの使い方や体験が変わってくる。

また、メッセージや地図、Siriなどのサードパーティーアプリに対応した各機能は、言うまでもなく、どんなアイデアを標準アプリ内に持ち込むかで、便利さや楽しさが変わるだろう。アプリのアイデアの自由度で、ユーザーのiPhoneの使い方そのものが変化するのだ。

同時に、同じメッセージアプリや地図アプリであっても、ユーザーによって使い方が異なる可能性も高い。同じデザインの端末とOSでありながら、使い方に個性が表れてくる。次のiPhoneには、そんな環境が待ち受けているのだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT