新型iPhoneは、ハードの進化もスゴすぎる

目玉は「Plus」と「ジェットブラック」だ!

iPhoneを含むハイエンドスマートフォン市場は飽和状態にあり、基本的には買い替え需要を見込むことになる。サムスン電子は、GALAXY S7、S7 Edge、GALAXY Note 7によって、既存ユーザーのスペックに対するニーズを叶え、非常に好調な販売実績を上げている。

今回アップルが発表したiPhone 7 Plusは、カメラの性能の大幅な向上と、iPhone 6の2倍の処理性能、そしてより長いバッテリー持続時間を実現し、待望の防水機能まで備えた。既存のiPhoneユーザーに対して、わかりやすいスペックによる訴求を存分に盛りこみ、買い控え回避を狙っているとみられる。

注目はiPhone 7 Plusと、ジェットブラック

新色の「ジェットブラック」

今回の発表会で最も印象的だったのは、カメラ機能が大幅に強化されたiPhone 7 Plusと、新色となる光沢のある美しいジェットブラックだ。
iPhone 7 PlusはiPhone 7よりも100ドル高い価格が設定されており、ジェットブラックは加工にコストがかかることもあり、ベースモデルとなる32GBは用意されておらず、32GBより100ドル高い128GB以上のモデルにのみ設定されている。

つまり、より魅力的なデバイスほど、既存モデルよりも価格が高くなっていく。人々をより高いモデルへ誘導を行うことは、少ない販売台数で多くの売り上げや利益を得る「低成長時代の収益構造」を実現することになるだろう。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT