新型AppleWatchの進化は想像を超えていた

「Suica」と「ポケモンGO」だけではない!

Apple Watch Series 2のスペースグレイアルミニウムケース42ミリを使ってみた(著者撮影)

アップルは9月7日に開催した新製品発表イベントで、iPhone 7シリーズとともに、第2世代となるApple Watch、「Apple Watch Series 2」を発表した。9月9日から予約が始まっており、iPhone 7と同じ9月16日に発売となる。

これまで存在した、アルミニウムの「Apple Watch Sport」とステンレスの「Apple Watch」はApple Watch Series 2に統合され、42ミリ、38ミリの2サイズと、アルミニウム4色、ステンレススチール2色の展開となった。なお、Apple Watch Sportは「Apple Watch Series 1」として、低価格で利用できるApple Watchとしてラインナップに残る。さらに、「Apple Watch Edition」は18金ゴールドモデルに変わって非金属のセラミックケースが登場した。

今回は、Apple Watch Series 2のスペースグレイアルミニウムケース、 42ミリをレビューした。Apple Watchの弱点にていねいに対処しながら、日本のユーザーにとっては魅力的な提案を行っている。本稿では、Apple Watchを利用してきた経験を踏まえ、4つの新たな魅力について指摘する。

デザインは変わらず、厚く重くなった

デザインは変わらず、厚く、重くなった「Apple Watch Series2」

Apple Watch Series 2は、デザインには大きな変更はない。そのため、すでに持っているApple Watch向けのバンドをそのまま利用することができる。デザインに変更はないが、厚みと重量が増している。アルミニウムの38ミリモデルは0.9ミリ厚く、3.2グラム増え、アルミニウムの42ミリモデルは0.9ミリ厚く、4.2グラム増えた。

Apple Watch Series 1のアルミニウムケース42ミリと比較すると、わずか4.2グラムとはいえ、手首に装着するものであることから、その重量差を非常に大きく感じることになった。もちろん60グラムのステンレススチールモデルよりは軽いが、アルミニウムケースの軽快さを気に入っていた人にとっては、気になる変更と言える。

次ページなぜ重くなったのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT