新型AppleWatchの進化は想像を超えていた

「Suica」と「ポケモンGO」だけではない!

Apple Watch Series 2の3つ目の魅力は、スポーツウォッチとしての性能をきちんと満たした点だ。

他のスポーツウォッチに対して機能面で劣っていた点は、単独での位置情報取得と、水泳やサーフィンなどに耐える防水機能の搭載だ。Apple Watch Series 2では、この2つの欠点を埋めることができた。Apple Watch Series 2のGPS機能は、他のスポーツウォッチと異なり、すぐに位置情報をつかんでくれる。iPhoneで地図アプリを開くとすぐに現在位置が表示されるが、Apple Watch Series 2単独でも同様だ。

アップルによると、iOS由来のwatchOSを内蔵しており、位置情報を効率的に扱う仕組みを踏襲しているという。そのため、Wi-Fiでの位置の特定や、キャッシュなどを利用し、GPS信号を新たにつかまなくても、すぐに現在位置を特定することができるそうだ。

Apple Watchを着けたまま泳げる

屋外ウォーキングのルートがiPhoneで見ることができる

iPhoneを家に置いて出かけて、屋外のランニングを行えば、正確な距離と経路マップをiPhoneで確認することができる。これまでは、iPhoneを持ってランニングをして、距離情報の補正を行わなければならなかったが、それも必要なくなった。

加えて、防水機能。これまでの防沫(水滴の侵入を防ぐ)機能では水泳に耐えられなかったが、Apple Watch Series 2では50メートル防水をサポートした。これは50メートルまで潜水できるというわけではない。水圧は複雑で、水流に応じてかかる水圧は高くなる。特に腕に着けて泳ぐ際に時計にかかる水圧は、実際の水深よりもはるかに大きくなるからだ。

Apple Watch Series 2には、プールスイミングとオープンウォータースイミングの2つのワークアウトが追加された。後者は屋外の海や湖などで泳ぐという意味だ。スイミング用に新たなアルゴリズムを搭載し、泳ぎ方を検出してカロリー消費のパターンを切り替え、プールの長さを設定しておく必要はあるが、端で反転したら、それも検出するという。屋外では、腕を上げている際にGPSが作動し、正確な距離と経路を計測する。

水中ではタッチパネルが誤動作しないようロックがかかり、デジタルクラウンを回してロック解除を行う仕組みだ。スピーカー部分に入った水は、スピーカーのビープ音によって排水するアイデアが盛りこまれている。

次ページ4つ目の魅力は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT