iPhone7 Plusは「2つのレンズ」がスゴすぎる

ここにアップルの戦略が込められていた!

カメラ機能においてiPhone 7と差別化されたiPhone 7 Plus(著者撮影)

アップルが9月16日に発売する最新スマートフォン、iPhone 7とiPhone 7 Plus。別記事では両モデルのレビューをお伝えしたが、本稿ではiPhone 7 Plusの最大の特徴である2つのカメラについてお届けしたい。

iPhone 7 Plusのカメラには、筆者の想像をはるかに超える撮影の楽しさがあり、圧倒された。スマホのカメラでこんなに奥が深い使い方ができるものがあっただろうか。写真やビデオの撮影の多彩さ、そして今後iOS 10のアップデートや、アプリで広がる撮影機能への期待は、高まるばかりだ。これまでも取材の撮影にiPhoneを取り入れてきたが、コンパクトデジカメやマイクロ一眼の立場を危うくするほどの存在感には驚かされ、個人的にはiPhone 7 Plusを選択する以外、考えられなくなった。

2本のレンズを持ち歩くイメージ

iPhone 7には、画素数こそ1200万画素で据え置かれたが、裏面照射・フォーカスピクセル搭載で、スピードを重視した新しい光学手ぶれ防止機能付きのセンサーと、こちらも新作となる6群の広角28ミリ/f1.8の明るいレンズが組み合わせられる。

iPhone 7 Plusには、これに加えて、広角レンズの倍となる56ミリ/f2.8の中望遠レンズが追加された、2つのカメラを搭載する構成となる(焦点距離はいずれも、35ミリ換算)。この2つのカメラを、ワンタップで切り替えることができるのだ。

一眼レフカメラやミラーレスカメラなど、レンズが交換できるカメラを扱っている人にとっては、手ぶれ補正付きの明るい広角レンズと、同じく手ぶれ補正付きの明るいポートレートレンズを、瞬時に付け替えられる、というイメージだ。

次ページその使い勝手は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • インフレが日本を救う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。