iPhone7最大の隠し玉「おサイフ機能」の衝撃

それは、まったく新しいSuica体験だった

9月8日(米国時間の7日)、アップルはiPhoneの新シリーズをお披露目。日本市場向けの特別な発表も行った(筆者撮影)

アップルが繰り出す新型のiPhoneシリーズには、日本向けの特別なモデルが用意されている。日本モデルでは、日本で普及している非接触技術ICカード技術「FeliCa」をサポート。ついに同社の電子決済サービス「Apple Pay」を日本市場に導入するのだ。そのキラーサービスに位置づけられるのが、JR東日本によるプリペイド型電子マネー「Suica」だ。

Androidスマートフォンではすでに多くのモデルがSuicaに対応しており、それがAndroid機の魅力のひとつに数えられていた。つまり、今回の新型iPhoneにより、アップルは日本市場での大きな欠点を克服することにもなる。JR東日本の小縣方樹副会長への取材も交え、Suica対応の全貌についてみていこう。

iPhone × Suicaで見えてきたこと

発表会で登場した日の丸をかたどったアイコン(筆者撮影)

アップルは新製品発表のステージで、iPhone 7の最新機能の1つとして、Apple Payの日本市場導入を強調した。日の丸をかたどったアイコンとFeliCaのロゴ、そしてiPhone 7とApple Watch Series 2のWalletにApple Payとして登録されたSuicaを表示して紹介した。

Apple Pay日本導入にあたり、いくつかわかったことがある。まず、FeliCaをサポートするのは、日本で発売されるiPhone 7、iPhone 7 Plus、そしてApple Watch Series 2に限られる。つまり、それ以外の国で購入したiPhoneやApple Watchは、海外でApple Payが利用できても、日本で使えない、ということになる。

次ページ登録のやり方は?
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 令和の新教養
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。