iPhoneの最新通話機能は、知らないと損する

会議中の着信にスマートに対応する方法

今回は、“通話”の裏技を3つ紹介する(写真:naka / PIXTA)

もともと通話用に開発された携帯電話だが、スマートフォンの普及に伴い、通話の重要度は徐々に下がっている。各キャリアのMOU(平均通話時間)も低下している。たとえば、ドコモでは2006年のMOUが144分だったのに対し、2015年は120分と通話時間が少なくなっている。カケホーダイの登場でやや盛り返しつつあるが、今後、大きく増えることは見込めないだろう。通話の代わりにメールやメッセンジャーアプリが使われるようになったことが大きな理由だが、一方で、ビジネスシーンではまだまだ通話は必須。どのコミュニケーションサービスよりリアルタイム性が強く、年代層を問わずに使いこなせるツールでもある。

レガシー(時代遅れ)だと思われがちな電話機能だが、実はiPhoneをはじめとするスマホによって磨きがかけられてきた。スマホの機能と連動して折り返し忘れを防げたり、留守番電話の使い勝手が増したりといった進化は続いている。電話帳に設定できる項目も、多彩だ。こうした機能を使いこなせば、電話をもっと効率的に使いこなすことができるだろう。

そこで、今回は、スマホの基本である“通話”の裏技を3つ紹介していきたい。

1.リマインダーに登録して「折り返し」忘れを防ぐ!

この連載の一覧はこちら

当たり前だが、電話は突然かかってくるもの。会議中や電車での移動中など着信を取れないシーンもある。そのようなときは、後で折り返せばいいが、うっかり忘れてしまうこともあるはずだ。iPhoneは着信を拒否しても不在着信は残るが、チェックだけして、そのままほったらかしにしてしまう人もいるだろう。何度電話をかけてもつかまらない……そんな評判が立ってしまうと、仕事上でもマイナスになりかねない。

次ページ「リマインダー」機能が便利!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ゴルフとおカネの切っても切れない関係
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
世界の投資マネーが殺到<br>沸騰! 医療テックベンチャー

2020年に世界の医療関連ベンチャーの調達額は465億ドルと過去最高を記録。10年間で5倍に膨張し、米グーグルやアマゾン、アップル、さらには中国の巨大IT企業もこぞって進出中です。国内の有望スタートアップ21社も掲載した必読の最新ガイド。

東洋経済education×ICT