iPhoneのネット接続を今より速くする裏技

「つながらない」「遅い」はストレスだ!

設定を変えるだけで、iPhoneのネット接続が快適になることがある(筆者撮影)

iPhoneでインターネットに接続していて、「遅い」「つながらない」とイライラすることはないだろうか。勝手に公衆無線LANに接続してしまったり、データ通信量を超えてしまって通信速度が低下したりと、理由はさまざまだ。

ネットにつながり、快適に使えることは、ビジネスをするうえでの効率化にも結び付く。ウェブが速く表示されれば、それだけ時間の短縮につながるし、容量の大きな添付ファイルがメールで届いてもイライラする必要がない。

ちょっとした設定を見直せば、さらに快適に通信できるようになる。そのコツを、お届けしていこう。

1.公衆無線LANのWi-Fiはオフにしよう

この連載の一覧はこちら

大手3キャリアとも、ネットワークの「オフロード」(携帯のデータ通信を、携帯以外のネットワークに分散すること)に積極的だ。携帯電話の通信網は、キャパシティにも限界があり、その負荷を分散する目的で公衆無線LANスポットを整備している。

各社とも、契約者には無料でこれを利用できるようにしており、設定不要でつながる。これは、Wi-Fiスポットに「SIMカード認証」の仕組みを入れているため。Wi-Fiの接続に必要なSSIDとキーを不要にして、SIMカードでユーザーを識別しているのだ。そのため、気づいたら駅やカフェでiPhoneがWi-Fiにつながっていたという人も多いだろう。

次ページなぜWi-Fiが遅いのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • CSR企業総覧
  • 女性の美学
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大論争! 財政再建か財政拡張か<br>消費増税延期論やMMT台頭も

株価急落と国内景気の減速で、消費増税の延期論が勃発した。根強く残る財政拡張派の主張は正しいのか。世界的な低金利の継続で台頭したMMT(現代貨幣理論)を含め、争点を検証する。小峰隆夫氏ら4人のエコノミストによる座談会も収録。