iPhoneのネット接続を今より速くする裏技

「つながらない」「遅い」はストレスだ!

設定を変えるだけで、iPhoneのネット接続が快適になることがある(筆者撮影)

iPhoneでインターネットに接続していて、「遅い」「つながらない」とイライラすることはないだろうか。勝手に公衆無線LANに接続してしまったり、データ通信量を超えてしまって通信速度が低下したりと、理由はさまざまだ。

ネットにつながり、快適に使えることは、ビジネスをするうえでの効率化にも結び付く。ウェブが速く表示されれば、それだけ時間の短縮につながるし、容量の大きな添付ファイルがメールで届いてもイライラする必要がない。

ちょっとした設定を見直せば、さらに快適に通信できるようになる。そのコツを、お届けしていこう。

1.公衆無線LANのWi-Fiはオフにしよう

この連載の一覧はこちら

大手3キャリアとも、ネットワークの「オフロード」(携帯のデータ通信を、携帯以外のネットワークに分散すること)に積極的だ。携帯電話の通信網は、キャパシティにも限界があり、その負荷を分散する目的で公衆無線LANスポットを整備している。

各社とも、契約者には無料でこれを利用できるようにしており、設定不要でつながる。これは、Wi-Fiスポットに「SIMカード認証」の仕組みを入れているため。Wi-Fiの接続に必要なSSIDとキーを不要にして、SIMカードでユーザーを識別しているのだ。そのため、気づいたら駅やカフェでiPhoneがWi-Fiにつながっていたという人も多いだろう。

次ページなぜWi-Fiが遅いのか
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。