iPhoneとiPadは「連携」すると真価を発揮する

iPadは海外旅行の際の通信料節約にも

iPhoneにかかってきた電話をiPadで受けることができる(著者撮影)

iPhoneは万能だが、電子書籍を読んだり、PC向けサイトを見たりするには大画面のiPadのほうが向いている。もともとiPadは、iPhoneと連携することが前提の作りになっている。App Storeからは共通のアプリをダウンロードできるし、iCloudで作成中の書類や写真を同期させるといったことも可能だ。こうした基本を踏まえたうえで、より深いレベルでiPhoneとiPadを連携させ、ビジネスの効率をアップさせよう。

1.かかってきた電話をiPadで受ける

この連載の一覧はこちら

仕事中、iPhoneを充電したままにしていると、電話がかかってきたときに取るのが少々面倒に感じられるかもしれない。PCやiPadで作業をしていたら、なおさらだ。勢い、そのまま放置してしまうかもしれないが、ビジネスチャンスを失ってしまうおそれもある。

このようなときは、iPadでサッと電話に出られるようにしておきたい。iOS 8以降には、電話をiPad側に転送する機能が用意されている。条件は、同じApple IDでログインしており、Wi-Fiネットワークにつながっていること。Wi-Fiも、同一のネットワークでなければならない。

iPadでは「Facetime」の設定で行う

iPhone、iPad側でも設定が必要となる。iPhoneは、「設定」の「電話」を開き、「ほかのデバイスでの通話」をタップ。「ほかのデバイスでの通話を許可」をオンにして、通話を許可するデバイスを選択する。対象となるのはiPadやMacだが、ここではiPadを選択する。iPad側は、Facetimeで設定を行う。「設定」から「Facetime」を開き、「iPhoneから通話」をオンにしておこう。

この状態でiPhoneに電話がかかってくると、同時にiPadのFacetimeも着信する。iPad側で電話を取れば、そのまま通話することが可能だ。

次ページただし、会話はダダ漏れ……
関連記事
トピックボードAD
  • 北朝鮮ニュース
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 360°カメラで巡る東京23区の名建築
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
転機のLCC ピーチが仕掛けるアジア大競争

日本初のLCC(格安航空会社)、ピーチ。国際線は台湾・韓国への短距離路線が中心だったが、中距離路線に参戦。東南アジア全域を狙う。拠点・関空は台風で混乱。新戦国時代に突入。