iPhoneとiPadは「連携」すると真価を発揮する

iPadは海外旅行の際の通信料節約にも

iPhoneにかかってきた電話をiPadで受けることができる(著者撮影)

iPhoneは万能だが、電子書籍を読んだり、PC向けサイトを見たりするには大画面のiPadのほうが向いている。もともとiPadは、iPhoneと連携することが前提の作りになっている。App Storeからは共通のアプリをダウンロードできるし、iCloudで作成中の書類や写真を同期させるといったことも可能だ。こうした基本を踏まえたうえで、より深いレベルでiPhoneとiPadを連携させ、ビジネスの効率をアップさせよう。

1.かかってきた電話をiPadで受ける

この連載の一覧はこちら

仕事中、iPhoneを充電したままにしていると、電話がかかってきたときに取るのが少々面倒に感じられるかもしれない。PCやiPadで作業をしていたら、なおさらだ。勢い、そのまま放置してしまうかもしれないが、ビジネスチャンスを失ってしまうおそれもある。

このようなときは、iPadでサッと電話に出られるようにしておきたい。iOS 8以降には、電話をiPad側に転送する機能が用意されている。条件は、同じApple IDでログインしており、Wi-Fiネットワークにつながっていること。Wi-Fiも、同一のネットワークでなければならない。

iPadでは「Facetime」の設定で行う

iPhone、iPad側でも設定が必要となる。iPhoneは、「設定」の「電話」を開き、「ほかのデバイスでの通話」をタップ。「ほかのデバイスでの通話を許可」をオンにして、通話を許可するデバイスを選択する。対象となるのはiPadやMacだが、ここではiPadを選択する。iPad側は、Facetimeで設定を行う。「設定」から「Facetime」を開き、「iPhoneから通話」をオンにしておこう。

この状態でiPhoneに電話がかかってくると、同時にiPadのFacetimeも着信する。iPad側で電話を取れば、そのまま通話することが可能だ。

次ページただし、会話はダダ漏れ……
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT