iPhone7最大の隠し玉「おサイフ機能」の衝撃 それは、まったく新しいSuica体験だった

印刷
A
A
お目見えは10月下旬の予定(筆者撮影)

Apple PayのSuicaサポートは、10月下旬を予定している。iOS 10が更新されると、Apple Payの設定を促す画面が表示される、日本のユーザーは、SuicaをiPhoneに移せるようになるという。

Apple Payは現在、米国・英国・中国などの9カ国でサービスを開始しており、米国では非接触型決済の9割のシェアを占める。すでに発売済みのiPhone 6以降のApple Pay対応デバイス、iPad Air 2以降のiPadでは、日本のカードを登録することで、アプリやブラウザ内での決済に、Apple Payを利用できるようになる。

実際に米国でApple Payを利用していると、高い利便性を経験できる。同時に、セキュリティに対する安心感は、プラスティックカードと比較にならないほど高まった。

これまでの日本のSuicaをはじめとする非接触型決済は、アップルが2014年に着手する10年以上も早くから実現し、なおかつ今現在でも、より優れた技術であり続けている。こうした高い技術標準について、アップルのパートナーシップを契機に、日本流のインフラやサービスの認知と採用に生かして行けるかどうかがポイントとなる。

海外からの観光客は使用できない

しかし、現段階では、まだ最初の一歩。海外からiPhone 7を持ってきた観光客は、日本のSuicaを自分のiPhoneに設定できないからだ。

「外国人観光客の数は急激に増えてきました。JR東日本は鉄道会社であると同時に、旅行業でSuicaを使っていただく取り組みをしてきました。将来、Suicaを活用するため、より進歩した方法で、例えば日本に来る前にSuicaをあらかじめ追加していただくやり方も考えられます。良好なパートナーシップで、意見交換をしながら進めていきたい」(小縣副会長)

まずは、日本向けに10月下旬にスタートするiPhoneでのSuica体験。アップルとしては、日本でのキラーとなる機能でiPhoneの買い替え需要を喚起したいはずだ。クレジットカードが必要ない点などを考えると、より広いユーザーに訴求できるはずであり、大きな期待を持てる新機能といえるだろう。

鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
「研究職600人雇い止め」理化学研究所に走る衝撃
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT