iPhone7、使ってみて分かった「真価」と「課題」

ヘッドフォン端子の廃止にどう対応すべきか

iPhone 7のジェットブラック(左)とiPhone 7 Plusのブラック(右)(著者撮影)

アップルは9月16日に、iPhoneの最新モデル「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発売する。iPhone 7シリーズには、おなじみとなるゴールド、ローズゴールド、シルバーに加え、ブラック、ジェットブラックが追加された。この原稿では、4.7インチモデルとなるiPhone 7の新色「ジェットブラック」と、iPhone 7 Plus「ブラック」の実機レビューをお届けする。

2年おきに新しいデザインを提案してきたアップル。しかし今回は例外であることを、あらかじめ述べておかなければならない。iPhone 7はiPhone 6sと、iPhone 7 PlusはiPhone 6s Plusと同じ外観、サイズ、そして厚みを備えるデバイスだからだ。重さは、iPhone 7はiPhone 6sより5グラム軽い138グラム、iPhone 7 PlusはiPhone 6s Plusより4グラム軽い188グラムとなったが、「軽い」という印象はない。デザインもサイズも変わらないデバイスではあるが、正面のセンサーや背面のカメラ部分のデザインが変更されているため、ケースやフィルムはiPhone 7/7 Plus専用のものを使用したほうがいいだろう。

背面から見たときの印象は異なる。これまで、背面上部と下部に通っていたアンテナ用のラインの位置が変更となり、端末の上下のフチを通るようになり、より目立ちにくくなった。アンテナのラインは、ボディのアルミニウムと同じ表面加工が施されている。今回追加されたブラックとジェットブラックでは、黒いアンテナラインと、ボディと同じ表面加工で、目をこらさなければ確認できないほどになった。

128GB以上に用意された特別なカラー

iPhone 7の象徴的なカラーとなるであろう、ジェットブラック

「ブラック」は、表面がマットな仕上げで、光の当たり方によっては、濃いグレーにも見える。Apple Watch SportのスペースグレーやMacBookのスペースグレーとコーディネートしてもぴったりだ。一方ジェットブラックは、7000番台アルミ合金を9工程で磨き上げ、鏡面仕上げを実現している。前述のとおりアンテナラインも鏡面加工されており、息を飲むような輝きに圧倒される。「ただただ美しい、しっとりと輝く真っ黒な薄い板」という、ミステリアスな印象だ。美しく光を反射する表面には、しっとりとした質感すら与えられ、見飽きないさまざまな表情を楽しむことができる。Apple Watchで言えばステンレススチールのスペースブラックモデルとの組み合わせがふさわしいと感じた。

デザインが変更されなかった代わりに追加されたジェットブラックは、iPhone 7の象徴的なカラーとなることは間違いない。特別なモデルとして、128GB(ギガバイト)以上のストレージを持つモデルにのみ設定されている。9月9日に予約が開始されたが、予想どおり、世界中でジェットブラックに注文が殺到した。これからの予約では11月以降の受け取りとなるようで、予約しそびれた人は9月16日の発売日に運よく手に入れられることを期待しよう。

次ページ最も変わった点は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 内田衛の日々是投資
  • 「合法薬物依存」の深い闇
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。