iPhone7、使ってみて分かった「真価」と「課題」

ヘッドフォン端子の廃止にどう対応すべきか

2つ目は、「Lightning Audio + Charge RockStar」のような、Lightning端子を2つに拡張するアダプターを用いる方法。これなら充電とEarPodsを同時に利用することができる。

3つ目は、Bluetoothヘッドフォンで音楽を楽しむことだ。すでにさまざまなメーカーからワイヤレスヘッドフォンが登場しているが、アップルはヘッドフォン端子廃止を機に、純正のBluetoothヘッドフォン「AirPods」をリリースした。AirPodsは、有線のEarPodsのケーブルを取り除いた形状のワイヤレスイヤホンだ。左右の間にケーブルはなく、独立して装着する。左右双方に連続再生5時間のバッテリーが備わっており、充電器を兼ねるケースと合わせると24時間の充電が可能だ。片方ずつ使用することもでき、横向きに寝る人は、枕側ではない耳だけに装着すると快適に音楽が楽しめそうだ。

また、iPhone 7/7 Plusはステレオ再生をサポートした。端末を横に構えると、底面のスピーカーに加え、通話時のイヤーレシーバーを用いて、ステレオスピーカーとして、サラウンドを楽しめるようになる。画面の中央から音が出てくるような感覚とサラウンド、そして今まで以上に大きな音量での再生は、iPhoneだけでも、皆で音楽や映像を楽しめるようになる。もちろん外部スピーカーと比較すべきではないが、iPhoneだけでも満足感が高い音楽体験を楽しむことができる。

重要な3つの機能向上とは?

ようやく耐水・防塵機能を搭載

iPhone 7/7 Plusは、冒頭の製品写真にあるように、耐水・防塵という、待望の性能を備えた(IP67相当)。水中での使用は想定されていないが、万が一水に落としたとしても、すぐに壊れてしまうということはなくなった。

なお、水に濡れた場合、すぐに充電などは行わず、水滴を布で拭き取り、端末下部を軽く振っての開口部から水を出し、5時間以上乾燥させることを推奨している。筆者も誤ってコーヒーカップの中にiPhoneを落とし、交換対応となってしまった経験がある。またお風呂で音楽や読書を楽しんでいる友人の失敗もよく耳にする。あくまで、万一の場合を防ぐ機能であることをは忘れないでほしいが、耐水機能を備えるiPhoneに救われる人はたくさんいるはずだ。

加えてバッテリー持続時間の向上。iPhone 7では、iPhone 6sに比べ、通常の使用であれば2時間以上のバッテリー持続時間の向上を体験することができるという。これは短いレビュー期間でも体験していることで、iPhone 6sを使っていて1日の終わりに10%程度の残量だとすれば、iPhone 7では20%以上余っている計算だ。感覚で言えば、バッテリーサイズがより大きかったiPhone 6s Plusよりも余裕が生まれている。

iPhone 7にはA10 Fusionという4コアの新プロセッサが採用されており、性能向上はもちろんだが、2つの省電力コアは消費電力を5分の1にカットし、軽い作業をこなすという。音楽をBluetoothで聞いたり、メールチェックやソーシャルメディアでの投稿をした後でも、驚くほど電池が減らないことを経験するだろう。

そして日本向けには、FeliCa対応が大きいトピックとなる。日本で販売されるiPhone 7にはFeliCaが採用され、2016年10月後半から、SuicaやiD、QUICPayの利用が可能になる。これまでのモバイルSuicaとは異なり、ゼロから新しい体験を作り上げたとしており、定期券も含む通常のSuicaをiPhoneに移して、プラスティックカードなしで利用することができる。こちらについては、現段階でわかっていることをまとめている過去記事(iPhone7最大の隠し玉「おサイフ機能」の衝撃)を参照して欲しい。

次ページiPhone 7とiPhone 7 Plusの違いは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT