左右分離イヤホン「AirPods」が"買い"のワケ

この斬新さはiPhone7以外でも体験可能

iPhone 7シリーズとともに発表されたBluetoothのイヤホン「AirPods」。iPad、Apple Watch、過去のiPhoneシリーズでの利用も可能だ(著者撮影)

アップルはiPhone 7シリーズとともに、初のBluetoothイヤホン「AirPods」を発表した。発売予定は10月下旬で、予想価格は、1万6800円(税抜き)だ。この新しいヘッドホンの先行レビューをお届けする。

AirPodsは、アップルが初めてリリースするBluetoothイヤホンだ。iPhone登場時はヘッドセットを発売していたこともあったが、その後生産をやめ、BluetoothヘッドセットとBluetoothイヤホンはサードパーティーアクセサリーの代表格となった。2014年のBeats買収により、Bluetoothオーディオ製品のラインナップは拡充されたが、アップルブランドでの参入は初めてとなる。

AirPodsの登場は、iPhone 7からヘッドフォン端子が廃止されることと呼応する。iPhone 7にはLightning接続のイヤホンマイクと、EarPodsや従来のヘッドホン端子を利用するための変換コネクターが付属する。しかし、iPhone 7を紹介するステージに立った、アップルのフィル・シラー上級副社長は、「オーディオの未来はワイヤレスだ」と強調した。

筆者が愛用している「Parrot Zik 3」は、ノイズキャンセリング機能を搭載したマイク付きBluetoothヘッドホンで、USBで接続すると充電しながらハイレゾオーディオも楽しめる、快適な仕事環境に欠かせないアイテムだ。線がないことは、音楽再生中のデバイスから離れられることを意味し、通勤など移動中にケーブルに煩わされない快適さは、一度経験すると戻れなくなる。その点で、シラー氏の言葉に同意する。

AirPodsがもたらした「驚き」とは

AirPods(左)とEarPods(右)

AirPodsには2つの驚きがあった。1つ目はデザインだ。正確に言うと、新たなデザインが施されなかったにもかかわらず、ワイヤレス化されたという点での驚きだ。AirPodsは、iPhone付属のイヤホンマイク、EarPodsと1文字違いのスペル。耳に装着するドライバー部分からケーブルを取り除いただけのデザインで登場したところからも、ダジャレのような話である。

EarPodsとAirPodsを並べてみると、耳に装着する部分のサイズは同じで、AirPodsのほうが軸が少し太く長くなっていることがわかる。そのため、EarPodsと、重さの面でも違和感がない着け心地を実現している。

ただし、サイズと形状は同じだが、中身はまったくの別物だ。

次ページどう違うのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手から専業まで大混戦<br>中古マンション販売の隘路

新築価格が高止まりし、参入業者が急増する中古マンションの「買い取り再販」。デベロッパー自ら物件を取得し、リノベーションを施して販売する手法だ。価格上昇や売れ残り増加など懸念材料も出現、手放しでは喜べない活況の裏側を描く。