左右分離イヤホン「AirPods」が"買い"のワケ

この斬新さはiPhone7以外でも体験可能

iPhone 7シリーズとともに発表されたBluetoothのイヤホン「AirPods」。iPad、Apple Watch、過去のiPhoneシリーズでの利用も可能だ(著者撮影)

アップルはiPhone 7シリーズとともに、初のBluetoothイヤホン「AirPods」を発表した。発売予定は10月下旬で、予想価格は、1万6800円(税抜き)だ。この新しいヘッドホンの先行レビューをお届けする。

AirPodsは、アップルが初めてリリースするBluetoothイヤホンだ。iPhone登場時はヘッドセットを発売していたこともあったが、その後生産をやめ、BluetoothヘッドセットとBluetoothイヤホンはサードパーティーアクセサリーの代表格となった。2014年のBeats買収により、Bluetoothオーディオ製品のラインナップは拡充されたが、アップルブランドでの参入は初めてとなる。

AirPodsの登場は、iPhone 7からヘッドフォン端子が廃止されることと呼応する。iPhone 7にはLightning接続のイヤホンマイクと、EarPodsや従来のヘッドホン端子を利用するための変換コネクターが付属する。しかし、iPhone 7を紹介するステージに立った、アップルのフィル・シラー上級副社長は、「オーディオの未来はワイヤレスだ」と強調した。

筆者が愛用している「Parrot Zik 3」は、ノイズキャンセリング機能を搭載したマイク付きBluetoothヘッドホンで、USBで接続すると充電しながらハイレゾオーディオも楽しめる、快適な仕事環境に欠かせないアイテムだ。線がないことは、音楽再生中のデバイスから離れられることを意味し、通勤など移動中にケーブルに煩わされない快適さは、一度経験すると戻れなくなる。その点で、シラー氏の言葉に同意する。

AirPodsがもたらした「驚き」とは

AirPods(左)とEarPods(右)

AirPodsには2つの驚きがあった。1つ目はデザインだ。正確に言うと、新たなデザインが施されなかったにもかかわらず、ワイヤレス化されたという点での驚きだ。AirPodsは、iPhone付属のイヤホンマイク、EarPodsと1文字違いのスペル。耳に装着するドライバー部分からケーブルを取り除いただけのデザインで登場したところからも、ダジャレのような話である。

EarPodsとAirPodsを並べてみると、耳に装着する部分のサイズは同じで、AirPodsのほうが軸が少し太く長くなっていることがわかる。そのため、EarPodsと、重さの面でも違和感がない着け心地を実現している。

ただし、サイズと形状は同じだが、中身はまったくの別物だ。

次ページどう違うのか?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「ニッポン半導体」敗北の真相
「ニッポン半導体」敗北の真相
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT