知らないと損!アップルペイのお得な使い方

非対応のカードもあるので注意が必要だ

さらに国際ブランドでは、JCBとMasterCard、American Expressは対応していますが、VISAが完全には対応していないのが問題。正確には、iDやQUICPayを使ったリアル店舗での買い物には使えますが、VISAのネットシステムがApple Payに未対応のために、ネットショッピングやアプリ購入に使えません。また、同じくネット未対応のせいで、Suicaにチャージできない、つまり現状Suicaが使えない、というのも大きな問題。このため、同じカードユーザーでも、国際ブランドがVISAの場合は、ブランドをJCBかMasterCardに変更する必要が出てきます。

――それはかなり面倒な手続きですね。

岩田:いずれにしても、ユーザーは自分のカードがApple Payに対応しているか調べて、対応していなければ、ほかのカードに乗り換える必要があるわけです。

Apple Pay利用でオススメカードはこの3つ

「ビュー・スイカ」カード

――そんななかで「Apple Payでの利用にオススメのクレジットカード」というと、どんなカードが挙げられますか?

岩田:Suica系のなかから選ぶなら、「ビュー・スイカ」カードですね。JR東日本の窓口でのチケットや定期券購入(更新)、Suicaチャージなどで通常の3倍のビューサンクスポイントが貯まります。

「JCB ORIGINAL SERIES」カード

QUICPayと結びつきが強いカード会社はJCBやトヨタファイナンスなどがありますが、JCBがQUICPayの開発元だけに、オススメはJCB ORIGINAL SERIES。JCB会員専用の「MyJCBアプリ」がApple Payと連携し、アプリ経由でポイント交換が簡単に行えるなど、利便性も高いです。

dカード

一方iDの場合は、開発元であるNTTドコモと三井住友カードとの結びつきが強いですが、特にポイント還元率が1%の高還元率で、ローソンでの3%割引など、各加盟店ごとの特典も適用されるNTTドコモのdカードは魅力的です。これらのカードの発行元はApple Payとの連携をいち早く進めてきただけに、他のカードに比べて有利な立場にあるといえ、今後ポイント以外にもいろいろなサービスの提供が期待できます。

――Apple Payを利用したい人で、現在使っているクレジットカードが対応していない場合は、対応しているカードのなかでもポイント還元率がいいものなどを探してみるのもいいかもしれませんね。

岩田:本来は共通ポイントのように、Apple Payの利用でポイントが付けばいいんですけどね。でも、アップルはそれはやらないだろうな。安易にその手の“おトク”アピールに走らないところが、アップルのいいところでもある。そういう哲学に惚れている人が、日本人にも多いですからね。

(文:平島憲一郎)

GetNavi webの関連記事
これを待っていた人も多い!? iPhoneで電車に乗れる「Apple Pay」
進化点がひと目で分かる! 防水・FeliCa対応で死角のなくなったiPhone 7スペック再比較
【iPhone 7/7 Plus】7つの進化点のメリット・デメリット「カメラ編」

 

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
今年こそ始めるプログラミング<br>AI時代の必須スキル

あらゆる産業でITとの融合が加速し、プログラミングは新たなビジネスや業務効率化に必ず役に立ちます。基礎的な考え方や実際の例文(コード)を満載してゼロから説明。4月から小学校で必修となる、教育の最前線もお届けします。