iPhone買い替え後に即やるべき3つのこと

要注意!LINEは旧機種での設定が必要

新機種に買い替えても、元の端末の環境をそっくり復元できるのがiPhoneの利点だ(著者撮影)

決済用にFeliCaを搭載したり、防水・防塵を取り入れたりと、日本市場を強く意識した製品に仕上がったiPhone 7と7 Plus。こうした特徴が人気を博し、3キャリアとも事前の予約は過去最高を記録した。デザインこそ大きく変化していないが、新色のブラックとジェットブラックがあるのもiPhone 7、7 Plusならではで、これを機に、機種変更を考えているビジネスマンもいるはずだ。

この連載の一覧はこちら

iPhoneの機種変は、従来型ケータイやAndroidスマートフォンと比べても、非常に“スマート”だ。ハードウエアからOSまでも一手にアップルが手掛けているだけに、データだけでなく設定などの使用環境まで、ほぼ丸ごと新しいiPhoneに移すことができる。ただし、ちょっとしたコツが必要で、普通にiCloudから復元しようとすると、かえって手間がかかるケースもある。

アプリによっても、対応状況はまちまちで、LINEのように、複数の端末に同時に存在できないものは、個別に機種変更の設定をしなければならない。今回は、iPhoneをスムーズに機種変更する裏ワザを紹介するとともに、使わなくなったiPhoneのデータをきちんと消去するための方法もお届けする。

1.データ移行は「iTunes」が確実

効率を考えるとオススメなのが、iTunesを使ったバックアップと復元だ

iPhoneはアップルのクラウドサービスであるiCloudに、自動でバックアップを保存できる。そのため、強くバックアップを意識しなくても、機種変更時に前の機種からクラウド経由でデータを引き継ぐことが可能だ。画像やアプリはもちろん、表示していたウェブサイトや設定の一つひとつまで、完ぺきに元どおりに戻してくれるのが、iPhoneのバックアップの強みと言える。

次ページただし、iCloudによる復元は完全ではない
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT