iPhone買い替え後に即やるべき3つのこと

要注意!LINEは旧機種での設定が必要

移行時には必ず「アカウントを引き継ぐ」をオンにしなければならない

ある意味、ベッキー・川谷騒動のあおりを受け、ユーザーが不便になってしまった格好だが、LINEとしてはセキュリティへの不安を払拭する狙いもあったようだ。いずれにせよ、現時点で、LINEのアカウントを移行する際は、機種変更前のiPhoneで忘れずに「アカウントの引き継ぎ設定」をしておくようにしたい。特に、iPhone 7、7 Plusの購入と同時に古いiPhoneを下取りに出す人は、必須の作業と言える。

「アカウントの引き継ぎ設定」は、利用中のiPhoneのLINEで行う。設定を開き、「アカウントの引き継ぎ設定」で「アカウントを引き継ぐ」をオンにしよう。設定は、24時間有効になるため、機種変更する前の日に済ませておくようにしたい。その大前提として、LINEにメールアドレスやパスワードを設定しておく必要もある。何度かアカウントを移している人はすでに設定済みだと思うが、初めてのときは忘れずに登録しておこう。

3.バックアップの復元にも必要な「リセット」

新しいiPhoneを買ったとき、とりあえず電話とメールだけは受けられるよう、初期設定のまま使い始める人は多いはずだ。ただし、この状態だと、iCloudからの復元ができない。復元は、初期設定の画面から行うからだ。iTunesで復元する場合は不要だが、古いiPhoneを下取りに出すときなどのために、リセットの方法は覚えておきたい。

iPhoneのリセットは、「設定」の「一般」のいちばん下にある、「リセット」で行う。リセットの項目が多いため、どれを選んでいいのかわかりづらいが、完全に初期化できるのは「すべてのコンテンツと設定を消去」だ。これを選ぶと、iPhoneの中身を真っ更な状態に戻すことができる。

フルリセットは、「設定」の「リセット」で「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択

ただし、iCloudで「iPhoneを探す」をオンにしていると、リセットをかけることができない。これは、盗難を防止するためで、同時にアクティベーションロックがかかり、「iPhoneを探す」がオンの状態だと、新しいiPhoneとしての設定ができなくなる。これによって、盗まれたiPhoneの転売価値を下げるというわけだ。このアクティベーションロックを解除するため、iPhoneをフルリセットする際には、「iPhoneを探す」の解除が求められる。

とは言え、解除はそれほど難しくはなく、iCloudのパスワードを入力するだけでOK。解除が成功すると、iPhoneのリセットが始まり、初期設定の画面が現れる。iPhoneの調子が悪いときなどにも、いったんリセットすることがあるため、ぜひ覚えておくようにしたい。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
無神経すぎる人に「ちょっとだけ言い返す」技術
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT