iPhone7をお得に使う料金プランはこれだ

20GB以上の大容量プランが各社登場!

iPhone 7、7 Plusではどのような料金プランがお得なのだろうか(著者撮影)

iPhoneには、さまざまな購入方法が存在する。大手キャリアでそのまま契約するのは最もメジャーな方法で、毎月の割引も受けられるが、2年契約があったり、格安スマホ(MVNO)に比べて通信料金が高かったりと、必ずしもいいことづくしではない。一方で、iPhone 7、7 Plusの登場に合わせ、各社とも新たな料金プランを導入している。今年、焦点が当たったのは、20GB以上の大容量プランだ。大容量なだけに料金自体は上がってしまうが、お得になるケースも少なくない。

同時に、iPhoneはアップル自身もSIMフリー版をApple Storeで販売している。この本体と、MVNOのSIMカードを組み合わせれば、ランニングコストをさらに抑えることが可能だ。機種変更に対する“縛り”のようなものもないため、気軽に新しいiPhoneを入手できるのがメリットと言える。今回は、iPhone 7、7 Plusをお得に買える、3つのケースを紹介していこう。なお、金額はいずれも税抜きで表示している。

1.データ通信重視なら大手キャリアがお得

この連載の一覧はこちら

ソフトバンクが「ギガモンスター」を発表したのを皮切りに、auが「スーパーデジラ」、ドコモが「ウルトラパック」で追随。今年の3キャリアは、iPhone 7、7 Plusに合わせ「大容量」をアピールしている。3社に共通するのは、20GB以上のプランがお得になるということだ。

ドコモ、au、ソフトバンクとも、20GBのデータパックが6000円で利用できる。従来は5GBで5000円だったため、1000円プラスすると、毎月使える容量が4倍になるという計算になる。もっとも、料金自体は1000円上がってしまうため、支払いが増えると考える人はいるはずだ。確かにそのとおりだが、次のようなパターンに当てはまる人の場合は、得になるケースが多い。

1つ目が、5GBのプランを選択しており、毎月容量が足りなくなって追加で料金を払っている場合。各社とも、1GB当たり1000円の価格設定をしているため、1000円で1GB増やすのであれば、あらかじめ1000円払って20GBにしてしまったほうが、データ容量の残量を気にせず使えてストレスがない。

次ページもうひとつのパターンは?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • おとなたちには、わからない
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT