iPhone紛失!その瞬間にやるべき3つのこと 「iPhoneを探す」は万全ではない

印刷
A
A

iPhoneを紛失すると、端末本体と同時に、その中に入っているSIMカードまでなくしたことになる。「iPhoneを探す」でiPhoneをロックできたからといって、安心するのはまだ早いというわけだ。契約しているキャリアに連絡して、通信を止めてもらうのを忘れないようにしておきたい。

ただし、盗難の場合、なくなったことに気づくまでには時間がかかる。その間にSIMカードを抜かれて、どこかに電話されたり、データ通信を使われてしまうおそれもある。通話料が定額プランに加入していたり、自動でチャージされるデータプランに入っていなかったりすれば、即高額請求につながることはないが、用心しておいたほうがいいだろう。

特に海外で紛失・盗難にあった場合は、国際ローミングを使われてしまうおそれもある。この場合、通話先や通信の仕方によっては料金がハネ上がってしまう可能性があるため、すぐにキャリアに連絡しよう。

3.SIMカードへの対策も忘れずに

この連載の一覧はこちら

このような万が一の事態を想定して、特に海外渡航時は、SIMカード自体にロックをかけるようにしておいたほうがいい。SIMカードにもPINコードを設定することができ、これをかけておくと、端末を起動した際に入力を求められる。PINコードが間違っていると、SIMカードの情報が読み込まれないため、安心だ。

SIMカードへのPINコードの設定は、iPhoneの「設定」にある「電話」から、「SIM PIN」を開く。ここでボタンをオンにすると、SIMカードにPINコードを設定できる。SIMカードにはあらかじめPINコードが設定されているため、まずはこれを入力。初期値はドコモが「0000」、auが「1234」、ソフトバンクが「9999」だ。SIM PINをオンにした後、PINコードの番号を変更できる。

なお、PINコードの入力を3回間違えると、SIMカードにロックがかかってしまう。ロックがかかった状態だと、端末がSIMカードを読み込まなくなるため、設定時には間違えないよう、注意が必要だ。このロックを解除するにはPUK(Personal Unblocking Key)コードと呼ばれる番号を入力しなければならず、カスタマーセンターなどへの問い合わせが必要になる。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ニトリ、強気の「連続記録更新」を揺さぶる大試練
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
ガストがあえて「低価格メニュー」の拡充に走る根本的な理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT