最安の新MacBook Proを選ぶべき3つの理由

MacBook Airの後継機はコレだ!

MacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載モデル)はベーシックモデルながら象徴的なモデルと言える(著者撮影)

アップルが発表した最新のノートブック型Mac、「MacBook Pro」は、実に4年ぶりとなるフルモデルチェンジとなり、より薄く、より軽く、よりコンパクトに仕上がった。3種類のラインナップいずれも、過去のMacユーザー、あるいはPCユーザーが、買い換えを検討するに値する魅力を放っている。

上位モデルには、RetinaディスプレーとTouch IDを内蔵するファンクション用マルチタッチインターフェース「Touch Bar」が搭載され、スマートフォンやタブレットなどのタッチデバイスのユーザーをMacに引き込み、またビジネスやクリエーティブのプロフェッショナルに対しては、まったく新しい効率的な作業を実現する。

しかし今回紹介するのは、発表翌日の10月28日に発売されたMacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載モデル)だ。もっとも価格が手頃で性能も控えめに見えるこの機種は、意外なほどに上位機種との共通点が多い。ベーシックモデルでありながら、新しい世代のMacBookシリーズを象徴する、スタンダードモデルと言える。

アップルはMacBook Pro 13インチを披露する際、MacBook Air 13インチモデルとの比較を展開したことから、Touch Barがなく低価格に抑えられた同モデルが、MacBook Airの後継機種としての役割を帯びていることを示唆している。

そこで、特にMacBook Airユーザーに対して、MacBook Pro 13インチモデルの魅力を3つに絞ってお伝えしていこう。
なお、日本語での正式な名称は、「MacBook Pro 13インチ」。上位モデルは「MacBook Pro 13インチ Touch BarとTouch ID搭載モデル」となる。

Airと比べても薄くてコンパクトなボディ

新型MacBook Proは、MacBook Airと比較して面積が小さくなった

MacBook Proはつねに、MacBook Airよりも分厚くて重たい、大きい存在であった。しかし新型MacBook Proは、MacBook Airと比較して、ヒンジ部分で比較すると2.1ミリ薄い。

また、ディスプレーサイズは同じながら、余白に当たる部分が小さくなったことから、面積がぐっと小さくなった。今まで使っていた13インチ用のスリーブやケースはぶかぶかになってしまうが、カバンの中の占有率が下がる点はうれしい。

次ページ新色も追加された
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
  • 夢を諦めない「脱会社員の選択」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT