最速解説!新MacBook Proの魅力と課題

目玉機能「TouchBar」の真価とは?

10月27日、アップルは「MacBook Pro」の新モデルを発表した(著者撮影)

アップルは米国時間10月27日、米国カリフォルニア州クパティーノの本社タウンホールでスペシャルイベントを開催し、新型のノート型コンピュータ「MacBook Pro」を発表した。今回登場したのは3モデルで、13インチのRetinaディスプレーとこれまでと同様のファンクションキーを持つキーボードを搭載した低価格モデルと、13インチディスプレーの上位モデル、そして15インチモデルが登場した。

なお、今回の発表で、これまで小型軽量で人気のあったMacBook Airは更新されなかった。11インチモデルの販売が終了し、13インチモデルは 9万9800円からと価格が引き下げられ、継続して販売されることになる。なお、これまで販売してきたMacBook Proも、併売される。

新世代となるMacBook Proとは

MacBook Airと比べても、薄さが目立つ新MacBook Pro

新型MacBook Proは、4年ぶりとなるデザイン刷新を伴ったものだ。前回、2012年に登場したモデルでは、DVDやCDを読み書きする光学式ドライブとハードディスクが廃止され、薄型デザインを実現した。さらに大きな特徴だったのが、高精細なRetinaディスプレーを採用した点だった。
今回の刷新は、デザインのテイストとしては、2015年に発売されたMacBookを踏襲するものだ。

ヒンジ部分からプラスティックパーツが廃止され、シルバー以外の色となるスペースグレーが追加された。デバイスは薄く軽くなり、13インチモデルでは3.1ミリ薄く、15インチモデルでは2.5ミリ薄くなった。重さは双方とも210グラム軽い。

また、これまで採用されてきたMagSafe(マグセイフ)による充電から、MacBookと同じUSB-C端子による充電に変更された。ただ、ポートは4つ用意されており、より通信速度の速いThunderbolt 3に対応した。ただし、13インチモデルも15インチモデルも、バッテリーは小さくなっている。インターネット利用はこれまでと同様の10時間を実現しているが、ビデオ再生時間は短縮された。

次ページ新しくなったインターフェースとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT