最速解説!新MacBook Proの魅力と課題

目玉機能「TouchBar」の真価とは?

10月27日、アップルは「MacBook Pro」の新モデルを発表した(著者撮影)

アップルは米国時間10月27日、米国カリフォルニア州クパティーノの本社タウンホールでスペシャルイベントを開催し、新型のノート型コンピュータ「MacBook Pro」を発表した。今回登場したのは3モデルで、13インチのRetinaディスプレーとこれまでと同様のファンクションキーを持つキーボードを搭載した低価格モデルと、13インチディスプレーの上位モデル、そして15インチモデルが登場した。

なお、今回の発表で、これまで小型軽量で人気のあったMacBook Airは更新されなかった。11インチモデルの販売が終了し、13インチモデルは 9万9800円からと価格が引き下げられ、継続して販売されることになる。なお、これまで販売してきたMacBook Proも、併売される。

新世代となるMacBook Proとは

MacBook Airと比べても、薄さが目立つ新MacBook Pro

新型MacBook Proは、4年ぶりとなるデザイン刷新を伴ったものだ。前回、2012年に登場したモデルでは、DVDやCDを読み書きする光学式ドライブとハードディスクが廃止され、薄型デザインを実現した。さらに大きな特徴だったのが、高精細なRetinaディスプレーを採用した点だった。
今回の刷新は、デザインのテイストとしては、2015年に発売されたMacBookを踏襲するものだ。

ヒンジ部分からプラスティックパーツが廃止され、シルバー以外の色となるスペースグレーが追加された。デバイスは薄く軽くなり、13インチモデルでは3.1ミリ薄く、15インチモデルでは2.5ミリ薄くなった。重さは双方とも210グラム軽い。

また、これまで採用されてきたMagSafe(マグセイフ)による充電から、MacBookと同じUSB-C端子による充電に変更された。ただ、ポートは4つ用意されており、より通信速度の速いThunderbolt 3に対応した。ただし、13インチモデルも15インチモデルも、バッテリーは小さくなっている。インターネット利用はこれまでと同様の10時間を実現しているが、ビデオ再生時間は短縮された。

次ページ新しくなったインターフェースとは?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • CSR企業総覧
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
攻撃的な人の態度を軟化させる絶妙なワザ
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT