最速解説!新MacBook Proの魅力と課題

目玉機能「TouchBar」の真価とは?

そして、新シリーズを通じて、価格が高止まりしている点も指摘できる。Retinaディスプレー搭載のMacは、12インチのMacBookの価格は据え置かれ、13インチファンクションキーモデルは14万8800円、Touch Barモデルは17万8800円~となった。15インチモデルは23万8800円~で、割高感がある。

そのため、MacBook Air 13インチは9万9800円に値下げされて併売が続き、また旧型のMacBook Proも引き続き販売されることになっている。筆者も2012年のMacBook Proを4年半使ってきた経験上、トラブルは少ないが、心理的に、価格の高さは、新モデルの弱点の1つと言えるのではないだろうか。

MacBook Airは11インチモデルが消滅

ポータブル型のMacを発売して25周年を迎えたアップル

旧モデルとなるMacBook(12万8800円~)はすでに販売中だ。新MacBook Proは13インチのファンクションキーモデル(14万8800円~)が10月28日に発売。13インチTouch Barモデル(17万8800円~)と15インチモデル(23万8800円~)は予約が始まっており、2~3週間で手元に届く。

MacBook Airは11インチモデルが消滅し、廉価版としてMacBook Air 13インチモデル(9万8800円~)、旧モデルとなるMacBook Pro 13インチモデル(12万8800円~)、15インチモデル(19万8800~)が併売されることになった。

併売モデルを含めて、ノート型6モデルを取りそろえたアップル。これがMacの販売台数を刺激することができるかどうかは、次の決算発表となる2017年1月末を待たなければならない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT