最速解説!新MacBook Proの魅力と課題

目玉機能「TouchBar」の真価とは?

そして、新シリーズを通じて、価格が高止まりしている点も指摘できる。Retinaディスプレー搭載のMacは、12インチのMacBookの価格は据え置かれ、13インチファンクションキーモデルは14万8800円、Touch Barモデルは17万8800円~となった。15インチモデルは23万8800円~で、割高感がある。

そのため、MacBook Air 13インチは9万9800円に値下げされて併売が続き、また旧型のMacBook Proも引き続き販売されることになっている。筆者も2012年のMacBook Proを4年半使ってきた経験上、トラブルは少ないが、心理的に、価格の高さは、新モデルの弱点の1つと言えるのではないだろうか。

MacBook Airは11インチモデルが消滅

ポータブル型のMacを発売して25周年を迎えたアップル

旧モデルとなるMacBook(12万8800円~)はすでに販売中だ。新MacBook Proは13インチのファンクションキーモデル(14万8800円~)が10月28日に発売。13インチTouch Barモデル(17万8800円~)と15インチモデル(23万8800円~)は予約が始まっており、2~3週間で手元に届く。

MacBook Airは11インチモデルが消滅し、廉価版としてMacBook Air 13インチモデル(9万8800円~)、旧モデルとなるMacBook Pro 13インチモデル(12万8800円~)、15インチモデル(19万8800~)が併売されることになった。

併売モデルを含めて、ノート型6モデルを取りそろえたアップル。これがMacの販売台数を刺激することができるかどうかは、次の決算発表となる2017年1月末を待たなければならない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT