実機で判明!MacBook Pro「新機能」の意義

キーボードなのか、トラックパッドなのか

「Touch Bar」搭載新MacBook Pro13インチ・15インチモデルの実機レビューをお届けする(筆者撮影)

アップルが10月27日に発表したTouch Bar搭載の新MacBook Pro13インチ・15インチモデルが11月17日に出荷開始された。すでに発売されているMacBook Pro 13インチ(Touch Bar非搭載モデル)のレビューに続き、注目の「Touch Bar」搭載モデルの実機レビューをお届けする。

MacBook Proの正常進化とは?

MacBook Proは、2012年に光学式ドライブを廃止し、高精細ディスプレーとなるRetinaディスプレーを搭載してから、長らくモデルチェンジをしてこなかった。13インチ、15インチの2つのモデル構成でアップルのノート型コンピュータの上位モデルとして君臨してきたが、これに11インチ、13インチのMacBook Airを加え、ノート型を主体にすることで、減少していくPC市場の中で成長を確保してきた経緯がある。

今回のMacBook Proの刷新は、主力モデルの進化だけではなく、成功していた4年間のMacビジネスに「変化」を及ぼすことになった。日本でも人気だったMacBook Airは、11インチの販売を終え、13インチも旧モデルを併売する形となり、進化の過程を終えている。それだけに、新型MacBook Proシリーズの成否は、アップルのMac戦略に大きなプレッシャーを与えることになる。

MacBook Pro13インチモデルは、MacBook Airと比較し、12%薄型化し、重さは20グラム増にとどめている。サイズも小型化されていることから、MacBook Air以上の密度は感じるが、持ち歩くうえで大きな差は感じなくなった。

すでに発売済みのTouch Bar非搭載モデルとTouch Barモデルはサイズ・重さなども共通であることから、「パワフルなメインマシンをより気軽に持ち歩ける」という新しい価値を加え、セールス面でも非常に期待できる存在となった。

また15インチモデルは、14%の薄型化と17%の容積減少を実現し、2キロを大幅に切る1.83キロ。確かに毎日持ち歩くには13インチよりは重いが、広い作業環境が必要な人にとっての魅力が高まった。現に、筆者も15インチモデルを持ち歩いていたユーザーのひとりであり、軽くなった15インチか、より気軽な13インチか、双方を試せば試すほど、どちらを買うか非常に悩んでいるところだ。

次ページ処理性能については?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
先陣切った米国の生産再開<br>透けるトヨタの“深謀遠慮”

米国でトヨタ自動車が約50日ぶりに5月11日から現地生産を再開しました。いち早く操業再開に踏み切った背景にあるのが、日本の国内工場と米トランプ政権への配慮。ドル箱の米国市場も国内生産も守りたい巨大グローバル企業の深謀遠慮が垣間見えます。