「さん付け」しても風通しはよくならないワケ

大切なのは呼び方でなく「上位者の人格」だ

しかし、数十人の会社ならともかく、「さん付け」にしたから、100人の会社が家族的になることはないし、まして大企業において、1万人が家族的になり、社内の風通しがよくなることは考えにくい。

社内の風通しをよくするのは、ひとえに「社長の人徳」「上司の人間的魅力」。要は、社長が、上司が、「恐怖政治」をしないこと、「上から目線」で社員や部下に接しないこと。これに尽きる。

大切なのは呼び方でなく「上位者の人格」

「さん付け」をしても「傲慢社長」や「上から目線の上司」であれば、風通しがよくなるはずもない。社内の風通しが悪いとすれば、「さん付け」よりも、徳のない、あるいは魅力のない上司を排除、追い出したほうがはるかに有効である。まして、降格人事や転職を前提にしたアメリカの、ファーストネームで呼び合うのを知らず、サルまねして、アメリカのように「さんづけ」がいいなどと言うに至っては、救い難い。

ならば、アメリカは、それで会社は風通しがいいのか。私の友人の甥が、ここ数年、ボストンの会社で責任者をやっているが、彼の話を聞くと、事が決まるまでは、いろいろ社員も意見を自由に言っているが、いったん、決まると、風が止まったように、誰も社長や上司に口出しできない。少しでも異議を唱えると、即、「明日から、出社に及ばず」とクビになるという。古い話だが、フォードのアイアコッカは、オーナーと口論しただけで解雇され、ライバルのクライスラーの会長になっている。

「さん付け」は、なにより、本人の責任意識を希薄にする。実感としていま、私自身、「さん付け」で呼ばれることが多くなったし、それを愉快に思っているからか、以前ほど「責任の自覚」はない。肩書で呼ぶのをやめて、「さん付け」で呼ぶのは、それぞれの会社の自由だが、そうすべきだと主張するならば、少なくとも、私のように、名刺に肩書を記すのをやめてはどうか。社内での責任者をつくらないことにしたらどうか。取引先でも、出てきた部長や課長を「さん付け」で呼んだらどうか。

「たかが肩書、されど肩書」。社長・上司は、よく考えて、みずからの人徳を高める努力をするとともに、肩書の重要さを、社員・部下に指導したほうがいい。「肩書は、威張るためのものではない。責任を自覚し、人間的成長を心掛け、部下を慈しみ、以って、社内の風通しをよくするためのものだ」と。そのような「社風づくり」こそ、「社内の風通し」をよくする究極の対応策である。

次ページメガバンクの人員整理計画をみて思うこと
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ポストコロナの明るい社会保障改革
  • コロナ後を生き抜く
  • コロナショック、企業の針路
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。