一流の社長は「泣いている社員」を放置しない

取引先の理不尽な要求にどう応じるべきか?

トラブルがあったときこそ社長、あるいは上司の出番です(写真:Sergey Nivens / PIXTA)

社員が取引先で理不尽なことを言われて立ち往生をすることがあります。たとえば取引先が定価の大幅値引きを要求し、人格を傷つけるような罵声まで浴びせてくる。社員は反撃をできずに立ち往生して半泣きの状態で帰ってきたとしましょう。

この連載の一覧はこちら

そんなトラブルがあったときこそ社長、あるいは上司の出番です。ダメな社長は「そこを我慢するのが営業マンだ。おめおめと帰ってきて、泣き言を言うな」とまあ、そのようなことを言うかもしれません。しかし、そんな社長がいるならば、社内をまとめ総合力を発揮し、会社を発展させることはできないと思います。

困っている社員を助けるのが社長の仕事

この場合、社員はまったく悪くはない。理不尽な要求、人格の攻撃などどれをとっても相手の言い分は許せるものではありません。実はこの事例は、PHP研究所社長時代に、実際に私自身が経験したことです。

申し訳ありません、と恐る恐る報告してきた社員に私は次のように言いました。「君の言うことは何も間違っていない。悪くはない。けしからんのはその取引先の担当者だ。構わない。私が今からその担当者に会いに行く。連絡するように」ということで、その社員を連れて取引先の担当者とその責任者に会いに行きました。

私が行くというので、彼らはお詫びに来るものと思っていたようです。しかし、私は彼らに次のようにタンカを切りました。

次ページ江口氏が取引先に言い放ったこととは?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナウイルスの恐怖
  • 若者のための経済学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
船・港――海の経済学<br>ニッポンの生命線が危ない

環境規制の強化によって、日本の海運会社は大きな投資を迫られています。中韓に敗れた日本の造船業界はさらなる再編が不可避に。日本の港湾の競争力低下も止まりません。「海をめぐるグローバル競争」の最前線を掘り下げます。