一流の社長は「泣いている社員」を放置しない

取引先の理不尽な要求にどう応じるべきか?

私は、松下幸之助の名前を使って営業をするようなことは絶対にしないようにと社員に指示をしていました。ですから、私は「そのようなことはありません。社員は、自分たちの実力で活動しています」と言うと、「松下電器の者が困っとると言っていた」と、これまた厳しい調子で話をしてきました。

そこで概略、次のようなことを伝えました。

「名前を騙(かた)るなどありえない」

「当たり前でしょう。ウチの社員が行けば、黙っていても松下電器だけでなく、他の会社の人たちも、松下さんがやっている会社の人が来たと思う。なにも言わなくてもそう思う。相手が勝手に松下幸之助さんと思っているだけです。それに“PHPはどういう意味ですか”と質問されれば、松下が昭和21年、もう戦争はやるべきではない、繁栄することによって、平和と幸福を実現していこう、みんなでその実現の方法を考え、提案していこうという趣旨で始められたものです、と言わざるをえないでしょう」

「それとも、PHPの説明をするときも松下幸之助の名前を出したらいけないんですか。そういうことであれば、説明からいっさい松下幸之助の名前を消します。ウチの社員が松下幸之助の名前を騙(かた)るなど、絶対にありえない。私の言うことを信じるのですか、松下電器の人の言うことを信じるんですか」

私は、松下さん以上の厳しい言葉で抗議をしました。結局は松下さんが謝ってくれました。

要は部下が100%正しいトラブルは進んで引き受けて抗議をすること、99%の正しさのときは早々に頭を下げること。これが社員の心をつかむのだということです。

キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。