方針を示せない指導者は、それだけで失格だ

松下幸之助は、常に明確な方針を示し続けた

松下幸之助は「わしは方針というものをいつも明確にしてきた」と語った(撮影:高橋孫一郎)

「わしはいままで長いあいだ経営というものに携わってきたけど、方針というものをいつも明確にしてきたな。こういう考え方で経営をやるんだ、こういう具体的な目標を持って経営を進めるんだ、こういう夢を持っていこうやないか、と常に従業員の人たちに話し続けてきたんや」

この連載の一覧はこちら

もし方針がはっきりしていなければ、部下はどう動いていいのかわからない。一生懸命努力して、これならいい結果を出したと思って上の人に報告したら、「そんな結果は期待していなかった」と言われるぐらい辛いものはない。

ましてや叱られ文句を言われたらもう泣きたくなる。それは上の人が悪い。上司あるいは責任者がはっきりと方針を出していないから、そういうことになる。なにげなしに経営されたのでは、下の人が迷惑する。

方針を出せない指導者は、それだけで失格

方針によって社員は自分の努力の方向を知る。なるほど、こういう考え方でやらなければいけないのか、こういう目標に取り組まなければならないのか、とわかる。それだけでなく、理想がはっきりしていれば、自分の努力が結局どこに繋がるのかがよくわかる。だから社員は自分からやる気をだし、一生懸命努力する。たいていは期待通りの結果を出してくれる。すなわち方針を明確にしておくと、部下が育つのである。

方針というものを出せない指導者は、それだけで失格である。

「方針を明確にしておくと、経営者自身も自分の判断や行動の物差しができるから、力強い動きができる。経営をしておると、いつもいつも迷うことが多いわね。右にしたらいいのか、左にしたらいいのか、わからんことばかりや。はっきり見分けられるものなど、案外少ない。そんなときに方針に照らして、右に進んだらいいのか、左に進んだらいいのかを考える。すると、自然にどうしたらいいのかがわかるわけや」

次ページ明確な方針があると、すべてが変わる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 就職四季報プラスワン
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT