成功しても方針に沿っていなければ無価値だ

松下幸之助の評価軸は明確だった

松下幸之助は方針の土台となる基本理念から外れることを、決して許さなかった(撮影者不明)

「そういう考え方ではあかんわ。経営者として失格や」

私が話をするにしたがって、松下の顔に厳しさが現れはじめた。

これはまずかったかなと思いながら、とにかくすべてを話し終わったとたん、松下は私の顔をキッと睨みつけた。そのときの言葉であった。机を叩きながら激しい口調でお叱りが続いた。昭和55年頃のことであった。

当時、PHP研究所の売り上げはまだ30億円を少し越える程度で、利益は微々たるものであった。それでも数年前まではまったくの赤字経営であったから、微々たる利益であれ、ましにはなっていたわけだが、もちろん経営基盤が確立したわけではなく、脆弱な経営状況であった。

『PHP』誌の値上げを考えたが…

この連載の一覧はこちら

そこでなんとか確実に経営したいと思っていた私は、赤字の要因の一つであった月刊『PHP』誌の値上げを考えた。当時120円であった定価を30円上げて、150円にしたいということを、数週間前に松下に頼んだことがあった。そのとき、松下は私の話を聞いたあと、

「値上げはやめとこう。いつも言っておるように、これはPHP運動の機関誌ともいうべきもので、ひとりでも多くの人に読んでもらいたいと思っている。基本としてできるだけ安い定価でいこう」

次ページ「お前は経営者として失格だ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 女性の美学
  • インフレが日本を救う
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。