成功しても方針に沿っていなければ無価値だ

松下幸之助の評価軸は明確だった

松下幸之助は方針の土台となる基本理念から外れることを、決して許さなかった(撮影者不明)

「そういう考え方ではあかんわ。経営者として失格や」

私が話をするにしたがって、松下の顔に厳しさが現れはじめた。

これはまずかったかなと思いながら、とにかくすべてを話し終わったとたん、松下は私の顔をキッと睨みつけた。そのときの言葉であった。机を叩きながら激しい口調でお叱りが続いた。昭和55年頃のことであった。

当時、PHP研究所の売り上げはまだ30億円を少し越える程度で、利益は微々たるものであった。それでも数年前まではまったくの赤字経営であったから、微々たる利益であれ、ましにはなっていたわけだが、もちろん経営基盤が確立したわけではなく、脆弱な経営状況であった。

『PHP』誌の値上げを考えたが…

この連載の一覧はこちら

そこでなんとか確実に経営したいと思っていた私は、赤字の要因の一つであった月刊『PHP』誌の値上げを考えた。当時120円であった定価を30円上げて、150円にしたいということを、数週間前に松下に頼んだことがあった。そのとき、松下は私の話を聞いたあと、

「値上げはやめとこう。いつも言っておるように、これはPHP運動の機関誌ともいうべきもので、ひとりでも多くの人に読んでもらいたいと思っている。基本としてできるだけ安い定価でいこう」

次ページ「お前は経営者として失格だ」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT