松下幸之助は「目に見えない要因」を重視した

「目に見える要因」だけを見ていませんか?

目に見える要因、目に見えない要因、両方とも大事だ(撮影:高橋孫一郎)

「経営をすすめるときに知っていないといかんことはな、目に見える要因と、目に見えない要因、その両方とも考えないといかんということやね」

経営を成功させようとするとき、一般的にまず考えるのは、目に見えることである。たいていの経営者や責任者の人が、それだけに気をとられてしまう。

目に見える要因とは、たとえば商品とか技術、あるいは工場やベルトコンベアといったもの。組織とか体制も同じである。そういうものは目に見える。この目に見える要因だけに心を奪われ、組織を変えよう、体制を変えよう、新しい技術によって新製品を開発しよう、と社内を動かし社員に指示を与える。

「しかし、この目に見えるものだけに取り組んでいったら経営がよくなると思っている人もおるようだけど、実際にはそうではないんや。それだけでは、経営というものは決してよくはならん。そういうものも極めて重要やけど、もうひとつ、目に見えない要因というものも考えないといかん」

「目に見えない要因」とは?

この連載の一覧はこちら

目に見えないものとは、たとえばその会社の経営理念とか哲学、方針、あるいは経営者の考え方とか姿勢である。と同時に、社員の人たちの心がまえ、やる気もとても重要である。

経営理念があるのか、方針はしっかり守られているか、経営者の姿勢は正しいのか、社員の人たちの心がまえはいいのか。あるいは、こうした目に見えない要因(インビジブル・ファクター)をさらに強化する必要はないのか。

次ページ両方を考える必要があるのに・・・
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT