松下幸之助は「訴えること」を大事にしていた

経営者の考えを社員に浸透させるには?

松下幸之助は繰り返し話をすることが大事だとたびたび話していた(撮影:高橋孫一郎)

組織がひとつの方向に力強く進むためには、経営者の考え方が社員に浸透していることが必要不可欠である。しかし、実際にはそれがなかなか思ったようにいかない。経営者は、どうやれば自分の考え方を社員に浸透させることができるだろうか。

大事なことは、訴えることである、と松下はたびたび話していた。

「そのとき、よう心掛けていないといかんことは、その訴える内容について、責任者がどれほどの思いを込めておるかということやね。まあ、重要なことだから一応みんなに話しておこうか、という程度ではだめやな。そんな気持ちであれば部下の人たちに、真意の一割も伝わらんやろう。100パーセントを伝えるために、100パーセントの思いを込めて話をする。しかし、実際にはその程度の思いでもあかんのやな。思いがまだ足りんわけや。部下に伝わっていくうちに、しまいには10パーセントほどになってしまうよ。100パーセントを部下の人たちに伝えようとするならば、責任者は1000パーセントの思いを込めないといかん」

1000パーセントの思いを込めて訴える必要がある

この連載の過去記事はこちら

溢れるばかりの思い、祈りにも似た情熱が込められた内容でなければ伝わらない。そして、燃えるような思いで訴えなければ伝わらない。これはほんとうに重要なことだから、なんとしても伝えるのだ、と。たとえ1つの部門の責任者であっても、その本質は同じである。

1度で覚えないのはけしからんと言っても、それが現実の姿である。むしろ責任者がそれほどの思いを込めていないということのほうが問題である。社員が自分の話を十分に理解しないとこぼす経営者がよくいるが、経営者自身が1000パーセントの思いを込めて社員の人たちに訴えているのかどうか。

次ページ思い付きを言ってはならない
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。