松下幸之助は叱られる側の心情も考えていた

心の重さ、気まずさは叱った側も感じている

厳しく叱った後は、気まずさが胸をよぎる(撮影:高橋孫一郎)

もう遅いから帰れと言われて帰る途中で、やはりついさっきまで言われ続け叱られ続けたことが頭の中を駆けめぐり、申し訳なかったという思いが胸に広がる。心が重くなる。もっと反省の気持ちを表現すべきだったのではないか。あれほど心をこめて叱ってくれたのに、このままにしておいていいのだろうか。どうしようか。

思案するうちに「そうだ、明日の朝早く、もう一度行こう。そしてもう一度、お詫びをしよう」と思うようになるのが常であった。

翌日の早朝に謝りに行った

この連載の過去記事はこちら

翌朝、私は7時ごろ松下の寝室を訪ねる。まだ眠っているときもあったが、目を覚ますのをベッドのそばの椅子に腰かけて待つ。やがて目を覚ました松下は、わたしがあいさつをすると、にっこり笑って、「えらい早いな。何か用か」と言う。

「いえ、昨日は申し訳ございませんでした。おっしゃるとおりで、つくづく反省しました」と答えると、「いや、わかってくれたか。それでいい。あんまり気にせんでええよ」と返してくれた。

その瞬間、いっぺんにそれまでの気まずさは消えてしまう。あとは笑顔で雑談ということになるのであった。

このように私は、厳しく叱られた後は必ず翌日の早朝に松下を訪ねてお詫びすることにしていた。つねに松下との間に気まずさを残さないようにしたのが、23年間、仕え続けることができた理由のひとつかもしれない。

次ページ叱った後の気まずさ
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日産 危機の全貌<br>ゴーン追放 修羅場が迫る

19年間トップに君臨したカルロス・ゴーン氏が失脚。逮捕、そして解任という前代未聞の事態は実は序章にすぎない。カリスマの追放で日産自動車はこれからどうなるのか。日産に渦巻く危機の全貌を探る。