ソニー「本気エイプリルフール」の熱い舞台裏

「ゴースト捕獲装置を開発」と発表したワケ

ソニーが開発(?)した「プロトンパック」

リアルな発表に多くの人がだまされた

ソニーが、世界初となるゴースト捕獲装置の開発に成功――。

4月1日のソニーのサイトのトップページ。左下にあるのが「ゴースト捕獲装置」だ

4月1日、ソニーから出されたこのニュースリリースに思わず信じ込んでしまった人は多いだろう。同社のWEBサイトのトップページには新商品情報として、ゴースト捕獲装置「プロトンパック」の画像が登場していた。

さらにはニュースリリースも出され、「30年の開発期間を経て実用化」されたことや、細かい製品特徴を記載。そしてソニーの平井一夫社長が「プロトンパックの完成は、コロンビア大学のスペングラー博士が開発に着手して以来、世界の名だたる技術者にとって長らくの夢でした。今回の偉業は、常にイノベーションを追求し続けるソニーの姿勢を示したものであり、また、私たちソニーのミッションにおいて非常に重要な『WOW』をまさしく体現するものです」という、コメントを出している。

次ページエイプリルフール限定のジョーク
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 就職四季報プラスワン
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。