成功する経営者は「塩の辛さ」を知っている

松下幸之助が説いた「うまく行く会社の条件」

努力を積み重ねていくことが基本であり、大事なことだ(写真 :bee / PIXTA)

能力は60点でもいい。しかし誰にも負けない熱意がなければいけない。

そして、努力をすることである。昨今の一部の風潮にまどわされてはいけない。濡手に粟というようなボロ儲け、宝くじ的確率に己の人生を賭けてはいけない。こつこつ努力を積み重ねていくことが基本であり、大事なことである。汗を流す。迷うことなく、それを先行させることである。

「知恵無きものは汗を出せ」は間違い

以前、どこかの会社の社長が、「知恵ある者は知恵を出せ、知恵無き者は汗を出せ、それもできない者は去れ」と社員の人たちに言っていたことがある。

松下はその言葉を聞くと、「あかんな、つぶれるな」と言った。

「本当は、まず汗を出せ、汗のなかから知恵を出せ、それができない者は去れ、と、こう言わんといかんのや。知恵があっても、まず汗を出しなさい。本当の知恵はその汗のなかから生まれてくるものですよ、ということやな」

その会社は数年すると、やはり潰れてしまった。

もともと知恵のある人でも、その知恵がそのまま世の中で通用するかといえば、実際には難しい。学者や専門家の意見を聞いていると、私たちはどことなく机上の空論だと感じることが多い。その知恵は社会の波で揉まなければいけない。それが現実の姿である。

次ページ順番が大切
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
ソニーの高額年収、入社1年目からの徹底した「実力主義」
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
自分は不幸だと思う人は脳の使い方を知らない
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT