幸之助は「誰でもが成功するもの」と考えた

「もともと人は成功するようになっている」

人は成功するようにできている!(写真:kou / PIXTA)

人間は誰でも成功するようになっている。仕事であれ経営であれ、あらゆるものは、もともと必ず成功するようになっている。そう言うと、読者は少し驚かれるかもしれない。しかし松下幸之助は常々そう話していた。その言葉は松下の体験と、次のような考え方を重ね合わせるところから導かれていた。

松下の歴史をみるスパンは非常に長い。トインビーは人間が誕生して以来の歴史を考察したが、松下は地球の誕生からさらに遡り、宇宙の誕生以来というスパンで歴史を考えた。するとそこに、宇宙万物は生成発展しているという理法を発見した。

日常的な言葉で言えば、要するにあらゆるものは発展しているということである。火の玉だった地球が緑の地球になった。あるいは、もともと裸で歩き回っていた人間と今日の人間を比べてみれば、そこに発展があるというのは、おのずと納得のいく考え方である。

宇宙には生成発展の法則がある

宇宙には、生成発展するような、そういう一つの法則というものが働いている。宇宙に働いているということは、人間にも働いているだろう。すなわち、誰でも成功するような存在として、生まれてきているはずである。それなのに、なぜ成功することができないのか。

松下は次のように説明する。「経営はもともと成功するようになっておる。それが成功しないのは、経営者が自然の理法に則って仕事を進めておらんからや。やるべきことをやる、なすべからざることはやらない。そうしたことをキチッとやっておれば、経営は一面簡単なものや」。

次ページ努力が必要な部分も
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
  • 今見るべきネット配信番組
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT