成功する経営者は「塩の辛さ」を知っている

松下幸之助が説いた「うまく行く会社の条件」

だから、まず汗を流し努力することを勧めなければいけないのに、最初に知恵を出せと言ってしまっては、社員は机の前に座って、とにかく知恵を出そうとする。当然のことだ。しかしそんな知恵は、社会の波に揉まれていないから、ほんものではない。

「塩の辛さ、砂糖の甘さというものは、何十回、何百回教えられても、ほんとうにはわからんやろ。なめてみて、初めてわかるものや」と松下はよく言っていた。

比較的うまくいっている会社の社長に会ったとき、話してもそう能力のすぐれた人だとは思わないことがある。しかし、その会社の経営はとてもうまくいっている。それに反して、見るからに頭のいい人で、言うことも筋が通っているなと感じる人が社長になっているのに、あまりうまくいっていない会社もたくさんある。

うまくいく会社の社長はコツをつかんでいる

松下は、長く商売をする間に、自分の取引先でそのような例をたくさん見てきた。そしてある講演で、次のように話したことがある。

「うまくいく会社の社長は、そう頭のいいことはなくても、どこかで経営のコツをつかんでいます。一見うかがいしれないものを内に持っていると思います。その持っているものは何かといいますと、塩の味を知っているということです。塩の味はどんなものかという講義は受けておらないけれど、日々味わっているから、塩の味というものはよくわかっている。そういう人だろうと思います」

汗を流し、涙を流し、努力に努力を重ねるうちに、ほんものの知恵が湧いてくる。身についてくる。努力をし、汗のなかから生まれた知恵はほんものである。ほんものの知恵だから、人を説得することができる。動かすことができる。感動させることができる。だから迷わずに、とにかく努力をすることである。

「きみ、奥義を極めた先生から3年間水泳に関する講義を受けたとしても、すぐに泳ぐことはできないやろ。やはり泳ぐには、水につかって、水を飲んで苦しむという過程を経ることが必要やな。そのあとにようやく講義が役にたってくる。そういうもんやで」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。