方針を示せない指導者は、それだけで失格だ

松下幸之助は、常に明確な方針を示し続けた

明快な方針があり、経営者が必ずその方針を守るとき、行動に非常に力強いものが出てくる。社員からも、頼りになる人だ、こんな人に経営を任せておけば大丈夫だ、一本筋の通った人だと尊敬される。

お客さまも取引先も、その会社がどんな考え方か、どこを目指しているかがわかるから、そういう考え方ならば製品を買ってあげよう、その会社と一緒に仕事をしてもいい、ということになる。方針が明確にあることは、おのずと会社の信頼にもなるのである。

方針には3つの要素がある

方針というものを松下は3つの要素に分けていたように思う。①基本理念(=どのような考え方で)、②具体的目標、③理想、の3つであり、これをつねにワンセットとしていた。

このやり方は覚えておいたほうがいい。以前、ジャンボ機が御巣鷹山に墜落したときのことである。それから1カ月ほどして、東京の1つの企画会社がつぶれた。誰が発想したのか、社員を御巣鷹山に登らせて、リュックに事故現場の土をいっぱい詰めて持ち帰らせた。そしてその土を小さな化粧箱に入れて、一箱5万円で遺族に売る商売をはじめたのである。遺族の人たちは激怒し、マスコミはその会社を徹底的に叩いた。それでその会社はつぶれてしまった。具体的目標はあったが、基本理念と理想が無かったのである。そしてこのように、具体的目標はあるが他の2つが無いという例が、実はとても多いのである。

「方針の決め方か。それはな、まず経営者が自分で考えて考えて考え抜いて、自身で心の底から、うん、そうだ、これだ、と思うものでないといかんね。悟るというか、ハッとするもの。そういうものを方針として決めないといかん」

たとえそれが素朴な言葉であってもいい。しかし、ただ本を読んでいい言葉を見つけたとか、他人の話を聞くだけで方針を決める、というようなことではいけない。

そして、誰が考えてもそうだと納得できるものでなければならない。経営者だけでなく。従業員も株主もお客さまもみんながそういう方針ならば賛成できる、納得できると言ってくれるだろうか。経営者ひとりが喜んでいるような方針では話にならない。

さらに、広く世間がどう思うか。お客さまやお得意さまだけが喜んでも、社会的に有害な考え方であれば、やがては消えゆくことになる。世の中の方々みんなが、それはいいと賛成してくれるものでなければ、発展を続けることはできない。

「さらには天地自然の理にかなっているかどうか、ということも考えないといかんね。それくらいの気持ちで考えんと、力強い方針にならんよ。まあ、そういうことやから、方針を決めるということは経営者にとってすれば、並大抵のことではない。全身全霊、命をかけてするもんや。基本理念も、具体的目標も、理想というものも、経営者自身の、いわば悟りなんや」

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 埼玉のナゾ
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。