「さん付け」しても風通しはよくならないワケ

大切なのは呼び方でなく「上位者の人格」だ

社内の風通しをよくするために必要なこととは?(写真:asilvabom / PIXTA)
リーダーとはどうあるべきか、いかなる「覚悟」を持つべきか――古くて新しいこの問いに、多くのリーダーたちが頭を悩ませている。
東洋経済オンラインの人気連載「上司と部下の常識・非常識」に大幅な加筆修正を加えた書籍『正統派リーダーの教科書』を上梓した江口克彦氏が、あるべきリーダーの姿と、必要な「覚悟」を解説する。

「さん付け」なら、名刺からも肩書を消すべし

私の名刺には、自分の氏名以外、何も書いていない。名刺交換のときに、相手に手渡すと、大抵「こういう名刺は初めてです。江口さんは有名ですからね。しかし、私は、会社名も、肩書も、すべて書いていないと、相手の方が信用してくれませんから」などと、多少の皮肉を込めて、おっしゃる。

『正統派リーダーの教科書』(書影をクリックすると、アマゾンのページにジャンプします)

私も、かつて、社長としての肩書、国会議員として、政党名、役職を書いて、相手に私の立ち位置を知らせることにしていたが、いまは、肩書を相手に示すことによって、自分の責任を明確にすることもない。だから、多くの人が、いまだに「先生」と言うが、徐々に「江口さん」と言う 人が多くなってきた。社内で「さん付け」を徹底したいなら、まず、名刺から肩書を外したら、いかがかと思う。

「さん付け」の会社が、とりわけ、中小企業に多い。あるいは、ベンチャーに多い。少数だが、大企業でも行っているところがある。理由を聞くと、家族的だから、あるいは、社内の風通しをよくするために、なかには、アメリカでは肩書で呼ばないから、などと言う。

次ページ「さん付け」にしたら家族的になる?
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
直撃!公取委の本音<br>杉本委員長が激白

リニア談合に地銀の統合、アマゾンジャパンへの立ち入り検査まで、公正取引委員会が「一喝」を繰り出す場面が増えている。司令塔である杉本和行委員長が語る、国際標準の競争政策。