東京の格差、「災害復旧が遅い地域」はどこか

もう想定外とは言わせない…東大教授の挑戦

東⽇本⼤震災ではあちらこちらで想定外が発生した(写真:POLICY DOOR)
「もう想定外とは⾔わせない」――巨⼤災害にどう⽴ち向かうか。電気、通信、道路、上下⽔道など社会インフラの相互依存性を分析し、対策の新しい地平を拓く古田 ⼀雄・東京⼤学⼤学院⼯学系研究科レジリエンス⼯学研究センターセンター⻑・教授に話を聞いた。

きっかけは東⽇本⼤震災だった

2011年3⽉11⽇、東⽇本を巨⼤地震と巨⼤津波が襲った。それによって東京電⼒福島第⼀発電所は全電源喪失という未曾有の事態に陥り、炉⼼溶融にいたった。近代⽇本が初めて体験する巨⼤災害を、古田⼀雄東⼤教授は複雑な思いで⾒つめていた。

当記事は「POLICY DOOR」からの転載記事です。図表の出典等は元記事をご覧ください。元記事はこちら

もともと古田教授の専⾨は原⼦⼒安全だったが、⼤震災当時、いわゆる原⼦⼒ムラからは離れていた。1999年の東海村JCOで臨界事故が発⽣したとき、避難が必要となる事態はありえるし、避難訓練はした⽅がよいと考えていた。この事故では、⼤量の放射能を浴びた作業員2⼈が死亡し、多くの住⺠が避難した。原⼦⼒ムラがまさに「ありえない」としてきた事故だった。

古田教授は⾔う。「⽇本は危機に対する備えというか⼼構えがなってない。起こってほしくないことは起こらない、だから考えないという逆の⾔霊信仰の世界がずっと続いている」

次ページ必要なのはシステム論的研究
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
「睡眠不足を甘く見る人」が払う体への代償
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
保険営業 ノルマ未達なら「雇用契約打ち切り」の無惨
ストロング系チューハイの光と影
ストロング系チューハイの光と影
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
「電話嫌いの若者」が急に増えた意外すぎる理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「未来を知る」ための読書案内<br>ベストブック2021

先を見通せない日々が続きますが、本を開けばアフターコロナ時代のヒントがあふれています。本特集では、有識者や経営者、書店員らが推薦した200冊を掲載。推薦数の多い順にランキングしました。あなたにとっての珠玉の1冊を探してみてください。

東洋経済education×ICT