東京の格差、「災害復旧が遅い地域」はどこか

もう想定外とは言わせない…東大教授の挑戦

東⽇本⼤震災ではあちらこちらで想定外が発生した(写真:POLICY DOOR)
「もう想定外とは⾔わせない」――巨⼤災害にどう⽴ち向かうか。電気、通信、道路、上下⽔道など社会インフラの相互依存性を分析し、対策の新しい地平を拓く古田 ⼀雄・東京⼤学⼤学院⼯学系研究科レジリエンス⼯学研究センターセンター⻑・教授に話を聞いた。

きっかけは東⽇本⼤震災だった

2011年3⽉11⽇、東⽇本を巨⼤地震と巨⼤津波が襲った。それによって東京電⼒福島第⼀発電所は全電源喪失という未曾有の事態に陥り、炉⼼溶融にいたった。近代⽇本が初めて体験する巨⼤災害を、古田⼀雄東⼤教授は複雑な思いで⾒つめていた。

当記事は「POLICY DOOR」からの転載記事です。図表の出典等は元記事をご覧ください。元記事はこちら

もともと古田教授の専⾨は原⼦⼒安全だったが、⼤震災当時、いわゆる原⼦⼒ムラからは離れていた。1999年の東海村JCOで臨界事故が発⽣したとき、避難が必要となる事態はありえるし、避難訓練はした⽅がよいと考えていた。この事故では、⼤量の放射能を浴びた作業員2⼈が死亡し、多くの住⺠が避難した。原⼦⼒ムラがまさに「ありえない」としてきた事故だった。

古田教授は⾔う。「⽇本は危機に対する備えというか⼼構えがなってない。起こってほしくないことは起こらない、だから考えないという逆の⾔霊信仰の世界がずっと続いている」

次ページ必要なのはシステム論的研究
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。