東京の格差、「災害復旧が遅い地域」はどこか

もう想定外とは言わせない…東大教授の挑戦

■ 30×30メッシュ状のモデル:オープンデータをベースにしながら、東京都23区を30×30のメッシュ状にモデリング。中央防災会議⾸都直下型地震対策専⾨調査会が作成した震度予測データを利⽤し、震度に⽐例した被害を重要インフラごとに設定した(重要インフラの位置情報等については、正確な情報が公開されていないため仮説を含む)
■ レジリエンスマップ:総合的なレジリエンス度合いを直感的・視覚的に⽰すことにも取り組んでいる。市⺠⽣活、産業、ライフラインの3つのカテゴリについて、災害発⽣後の復旧過程における復旧度合いを⾊によって⽰した。⾚⾊は機能していない状態、⽩⾊は復旧した状態を⽰している。下図は、市⺠⽣活の復旧度合について、時系列的な変化がわかるようにアニメーションで⽰したもの。40日後も復旧が進まない地域が浮かび上がる

生活者の観点からレジリエンスを評価する

いちばんの特徴は、複合インフラの相互依存性解析にある。解析するためのシミュレーションモデルでは、東京23区を1キロメートル四⽅のメッシュに区切り、それを使って災害が起きた後の復旧度(レジリエンスカーブ)を評価できるようになった。欧⽶の相互依存性解析と違うところは、インフラだけではなく、その上にあるサービスや市⺠⽣活のモデルが⼊っていることだと古田教授は説明する。「生活者の観点からレジリエンスを評価するというのがポイントだ」

次ページ予知できないことを前提に対策を⽴て直す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 中学受験のリアル
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
部品3社が日立の傘下に<br>始まったホンダ系列大再編

ホンダと日立製作所が傘下自動車部品メーカーの経営統合を発表した。日立オートモティブシステムズがホンダ系のケーヒン、ショーワ、日信工業を吸収し、国内3位に躍り出る。世界のメガサプライヤーに対抗できるか。再編新時代が始まった。