ダメな営業マンがわかっていない4つの心得

「御用聞き」で終わるかどうかの大きな違い

(ステップ5)各課題をKPI化する

課題が絞り込まれたら、次はそれらの課題を数値化していきます。

これがKPI(Key Performance Indicator)、つまり結果目標です。これはPDCAを回すうえで最終的なゴールにどれだけ近づいているか、客観的に進捗状況を把握するためのものです。

ある課題をKPI化しようとすると、たいていの場合、複数の選択肢が考えられます。すべてのKPIを追う必要はないので、この時点で各課題のKPIを1つに絞るといいでしょう。つまり、3つの課題からは3つのKPIが決まることになります。

KPI化された課題

解決案を考える

(ステップ6)KPIを達成する解決案を考える

KPIを決めたら、その数値を達成するための解決案を考えなければなりません。解決案とは「KPIを達成するための行動の、大まかな方向性」のことです。

KPIによっては解決案が共通する場合もあるので、解決案を書き出すときはKPIごとに分けて書く必要はありませんが、最終的には1つのKPIにつき、最低1つは案を考えるべきです。

KPIを達成するための解決案
次ページ最初のステップは
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ドラの視点
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT