話がどうもヘタな人が知らない基本中の基本

シーンに応じた王道パターンを知っておこう

「ドヤ顔で話すんだけど、なんか伝わらないんだよなぁ」という人が押さえていない基本中の基本を解説します。(写真:xiangtao / PIXTA)

ゆっくり考えてアウトプットする余裕がない…

報告、会議、プレゼン、講演――。

日々のビジネスシーンにおいては、みずからの言葉でアウトプットする場面が多々あります。そのクオリティが仕事のクオリティを決めているといっても過言ではありません。

ただ、いつも準備万端の状態でアウトプットできるとは限りません。まだ頭の中が整理できていない状態で発言しなければならなかったり、考えがまとまっていない状態でしゃべりださなければならなかったり。考える余裕がない中で、いかに、的確に、端的に、相手にわかりやすくアウトプットしていくか。ビジネススキルにおいて非常に重要なポイントになります。

思考フレームを使って1秒で答えを導く!

私が運営するモチベーション&コミュケーションスクールでは、毎日、全国でたくさん受講生が伝わる話し方のトレーニングをしています。拙著『10秒でズバッと伝わる話し方』でも詳しく解説していますが、過去1万人の受講者生の中からつくりだした最も効果的なメソッドがあります。

それが「思考フレーム」というメソッドです。

思考フレームとは、事前に頭の中に枠(フレーム)を用意しておくことを意味します。

会議で何か発言するときを想像してください。上司に「〇〇君、この商品どう思う?」と突然聞かれたとします。

頭の中に何もフレームがない状態で突然聞かれたとしたら、

「え!……私ですか、私は~、なんていうか~、その~、いい商品だとは思います……なんかすごく品質がいいみたいで……ISO国際品質基準も満たしているとかで……」

聞かれてから頭の中を整理しなければならないので、アウトプットに非常に時間がかかります。

次ページ結論>理由>詳細というフレームがあれば…
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT