光明が差した?米朝の軍事衝突を避ける道

朝鮮半島非核化に向けた役割分担とは?

米朝の軍事衝突を避けるにはどうすればいいのでしょうか(写真:ロイター/KEVIN LAMARQUE・KCNA)

ドナルド・トランプ米大統領の国連デビューは世界の耳目を集めた。もともと口の悪いことで定評のあるトランプ氏は、北朝鮮の金正恩労働党委員長を「ロケットマン」と呼び、北朝鮮を「完全破壊」するとまで言った。

この連載の一覧はこちら

これに対して金正恩氏も黙っていない。初めて自ら声明を発し、トランプ氏を「老いぼれの狂人」呼ばわりした。それを受けて同国の李容浩外相は「太平洋上での水爆実験」にまで言及し、国連演説では冒頭からトランプ氏を「神聖な国連を汚した」と非難した。

こうした言葉の応酬に対して、国連本部で記者会見したロシアのセルゲイ・ラブロフ外相は、「まるで幼稚園児のけんか」と表現し、「ほてった頭を冷やせ」と双方に自制を求めた。そのうえで欧州の中立的な立場の国々などが仲介役になり、対話を促すべきだと述べた。

仲介役は金氏の留学先スイスが最適?

このラブロフ外相のメディアに向けて発した「まるで幼稚園児のけんか」発言は、言葉の表層的な意味では、米朝両首脳にとって相当きつい表現だったが、そのメッセージはズバリ「和解への勧告」、少なくとも「和解方向への示唆」と筆者は読んでいる。

トランプ氏と金氏の感情的な言葉の応酬は、いつ何時、軍事的、突発的な衝突も招きかねないものだ。米メディアを筆頭に世界のメディアが大々的に取り上げれば取り上げるほど、その危険性は高まる。「ほてった頭を冷やす」べきは、双方首脳はもちろんだが、メディアもそのらち外ではない。

さらに、「欧州の中立的な立場の国々が仲介役になりうる」というラブロフ外相の指摘は、示唆に富むものだ。それは「和解方向への示唆」であり、同時に米朝軍事衝突を避ける方向で、一条の光明が差したといっていいだろう。

次ページ仲介役の候補は?
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT