ティラーソン国務長官「辞任騒動」は衝撃的だ

トランプ政権は最大の危機に直面している

トランプ政権を支えるにあたって、絶対に欠かせない存在だが…(写真:ロイター/Jonathan Ernst)

北朝鮮情勢が緊迫化するなかで、ドナルド・トランプ米大統領が最大のピンチに直面している。ここへきてトランプ政権の命運は、レックス・ティラーソン米国務長官が辞任するかどうか、その去就にかかっている。トランプ政権崩壊の危機を徹底的に解明する。

ティラーソン国務長官自らが辞任を否定

この連載の一覧はこちら

10月4日、ティラーソン国務長官は緊急記者会見を開き、同日付米NBCニュースが報じた同長官の辞任説を完全に否定した。

NBCによると、この夏、同長官はトランプ大統領を「間抜け(moron)」と呼び、そのうえで辞任の意向を示し、それをマイク・ペンス副大統領が引き留めたというのだ。

緊急記者会見で同長官は、NBCニュースを「誤報」と断じ、「辞めようと思ったことはないし、副大統領が慰留する必要もなかった」と述べた。そのうえで「大統領が自分を必要とするかぎり、現職にとどまるつもりだ」と強調した。

トランプ大統領もその発言に即応し、報道はNBCのでっち上げであり、ティラーソン氏を全面的に信頼していると、辞任説を打ち消した。

国務省のヘザー・ナウアート報道官も緊急記者会見の後で、ティラーソン長官の辞任意向を改めて否定したうえで、「辞めてもらいたい」と思っている人たちにとっては、そう仕向ければ仕向けるほど、ティラーソン氏の留任決意を強めるだけだと語った。

次ページ本当にそんな発言があったのか
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ワインの常識10
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
白川日銀前総裁インタビュー<br>中央銀行の役割とは

退任から5年半。総裁就任前を含め、日銀とともにあった足跡を記した著書『中央銀行』が出版された。なぜ今沈黙を破ったか、金融政策が数々の批判にさらされたのはなぜか。日本経済の持続可能性への思い、中央銀行の果たすべき役割とは。