トランプ大統領、NBCの放送免許剥奪を示唆

「ティラーソン辞任」を偽ニュースと批判

 10月11日、トランプ米大統領は、ツィッターへの投稿で、米NBCの放送免許取り消しに動く可能性を示唆した。写真はNBCのオフィス建物。カリフォルニア州で2015年9月撮影(2017年 ロイター/Mike Blake)

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、ツィッターへの投稿で、米NBCの放送免許取り消しに動く可能性を示唆した。NBCは先にトランプ氏とティラーソン国務長官の不和などについて報道しており、トランプ氏が反撃に出た格好だ。

トランプ氏はツィッターに「NBCとその放送網から偽ニュースが流れていることを考えると、同社の放送免許取り消しを取り上げてもよいのではないか。米国にとって良くない」と書き込んだ。

NBCは、ティラーソン氏が7月に安全保障に関する会議でトランプ氏を「能無し」と呼んだと報じていた。

ただ、放送免許の取り消しは容易ではない。放送免許を主管する米連邦通信委員会(FCC)は独立した政府機関で、免許はネットワーク全体に対してではなく個々の放送局に対して交付している。

NBCユニバーサルを保有するコムキャスト<CMCSA.O>は、ニューヨークやワシントンなど11カ所の放送局を傘下に収めている。コムキャストのコメントは得られていない。

全米放送協会(NAB)のゴールド・スミス最高責任者は「どのような立場にあるにせよ、政府当局者がジャーナリストの報道と意見が異なるというだけで、FCCの放送免許の取り消すと脅しをかけるのは、基本的権利を踏みにじるものだ」とする声明を発表した。

FCCの広報担当者はコメントを避けた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 買わない生活
  • 映画界のキーパーソンに直撃
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大乱世の思想ガイド<br>マルクスvs.ケインズ

戦後社会の信念とイデオロギーが崩れ落ちる今、危機を乗り越えるための思想が必要です。脱経済成長を旗印に支持を広げる新マルクス主義とコロナ禍で完全復活したケインズ主義を軸に、大思想家が残した知恵を学び直します。

東洋経済education×ICT