邦人初!宇宙飛行士トップの「上り詰める」力

なぜ目立たなかった彼が、化けたのか?

日本人で初めて、国際宇宙ステーションの船長になる若田光一飛行士

生まれながらにして「リーダー」の素質を持っている人はまれだろう。この秋、4度目の宇宙飛行に飛び立ち、日本人初の国際宇宙ステーション(ISS)船長として、宇宙飛行士チームの指揮をとる若田光一でさえ、「自分はリーダーとして人の前に立つようなタイプではなかった」と言う。

ISSの船長と言えば、エリートぞろいの世界の宇宙飛行士約100人のトップに立つ存在だ。しかし、過去の記事で書いたように、宇宙飛行士選抜試験で選ばれたとき、若田は飛び抜けて高評価を得ていたわけではなかった。若田自身も「受験者は世界で活躍する科学者や技術者が多く、選ばれたときは『なぜ自分なのか』と思った」と語っている。

だが若田はその後、飛躍的な進化を遂げる。日本人で初めて、宇宙でロボットアーム操作や船外活動を担当できるNASA宇宙飛行士(ミッションスペシャリスト)の資格を取り、日本人で初めてNASA宇宙飛行士室のロボットアーム教官を担当、日本人初のISS滞在……など、若田のタイトルの多くに「日本初」の冠がつく。そして、今や世界の宇宙飛行士集団の中でも、船長として指揮を執る、ごく一握りのトップ集団に上り詰めたのだ。

その「進化のカギ」はどこにあるのだろう。

特殊な英語を理解するための「秘策」

若田は1992年4月、宇宙飛行士候補者に選ばれ、同年8月にNASA宇宙飛行士養成クラスに入る。この養成校はそれまで外国人にはほとんど門戸が開かれておらず、若田は初の日本人だった。

当時、若田は29歳。初めての海外赴任だった。宇宙の知識がほとんどないまま訓練に入り、米国人達と一緒に専門的な授業を受ける。まもなく若田は大きな壁に直面する。訓練で使われる英語が理解できないのだ。

次ページ若田が取った、意外な行動
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 埼玉のナゾ
  • 日本野球の今そこにある危機
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
ニセコ 熱狂リゾートの実像<br>開発に翻弄される小さな北の町

「パウダースノー」を求め、北海道のニセコに殺到する外国人客。その数は住民約2万人の14倍にも及びます。観光ばかりでなく、別荘が建ち不動産投資も活発化しましたが、地価高騰やインフラ整備負担による財政圧迫の問題も出ています。活況と苦悩の両面に迫りました。