宇宙飛行士界に見る、30代から「伸びる人」

世界一厳しい選抜試験で、選ばれる人とは?

世界一厳しいといわれる日本の宇宙飛行士選抜試験の審査基準を作ったJAXAの山口孝夫さん。後ろは選抜の最終段階で使われる閉鎖施設。

採用試験で、こちらが求める資質を持つ人を選び出すのは、とても難しい。できれば「伸びしろ」がたっぷりある人を選びたい。逆の立場から言えば「選ばれる」のは至難の業だ。どこがどう見られるのか、見当がつかない。

いったい、「選ばれる人」は何が違うのか。その答えを持つひとりがJAXAの山口孝夫さんだろう。山口さんは、おそらく日本の選抜試験の中で最も厳しい、宇宙飛行士選抜試験の基準作りにかかわった人だ。2009年に963人の応募者の中からJAXA宇宙飛行士候補者3人が選ばれた際に、その選抜基準を作り、実際に審査を進めた事務局の中心人物のひとりである。

日本の宇宙飛行士の選抜基準は、世界でいちばん厳しいと言われる。NASAでは多いときで約100人の宇宙飛行士がいて、中には飛ばないまま終わる人もいた。だが人員と予算が限られた日本では、「飛ばない宇宙飛行士」を抱える余裕はない。確実に本番一発勝負で仕事を成功させる、タフで勝負強い人を厳選しなければならない。

実は、宇宙飛行士に求められる資質に特別なものはない、と山口は言う。「コミュニケーション」「チームワーク」「リーダーシップ・フォロワシップ(補佐力)」など、一般社会で求められるものばかりだ。

中でも注目するのは「伸びる人」か否か。「実際に選ばれて訓練に入れば、今までやったことがない訓練ばかり。そこで臆せず、さらに伸びる人を選びたい」(山口)。伸びる人を見極めるポイントは「未知のことを面白がることができる人、失敗を恐れない人」だという。

なるほど、理想はわかった。しかしいったい、こんな資質があるかどうかをどうやって見分けるのか。

面接で「響く言葉」「響かない言葉」

日本の宇宙飛行士選抜では書類審査の後、第1~3次試験まで、約1年間かけて心身共に徹底的に審査が行われる。「選抜の後半に残る人は頭がいい。自分がどう反応すれば審査員に”受ける”かは予習してくる。だからそうじゃない方向に揺さぶりをかけるんです」と山口は言う。

たとえば面接。面接は集団面接や個別の心理面接、英語面接、JAXA部長級職員面接、そしてJAXA役員面接など、さまざまな立場や職種の人と行われ、入れ替わり立ち替わり質問者が変わる。部長級面接や役員面接になると、ひとりを複数の人間が取り囲み、約30分かけて行う。否が応でも緊張は高まる。

次ページ言葉に感情は乗っているか?
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 働き盛りでがんになった人たちの行動
  • 最新の週刊東洋経済
  • 西村直人の乗り物見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。