宇宙飛行士界に見る、30代から「伸びる人」

世界一厳しい選抜試験で、選ばれる人とは?

山口によると、ロボットはよくできていた。だがあえて「想定外の事態」を作りメンバーを動揺させて反応を見たのだという。宇宙では想定外は日常茶飯事。気持ちを切り替えて、時間内にできることを判断し、行動に移せるかどうか。

審査員がうなった、油井飛行士のポジショニング

新人宇宙飛行士の中でも、抜群の対応力で目立ったのが油井飛行士だった(写真左から2人目が油井飛行士)
出展:JAXA

この指示に戸惑い、なかなか動き出せないメンバーの中で、抜群の対応力とフォロワシップを見せたのが、2009年に宇宙飛行士候補者に選ばれた油井亀美也飛行士だったという。

そのとき、リーダーは別にいたが、油井はできること、できないことを切り分けて優先順位をつけ、『こうしたらどうですか?』とメンバーに工程案を提案した。その案に従ってチームが動き始めると、油井はさりげなく引き下がった。リーダーを立てて、フォロワの立場に戻ったのだ。

「見ていた審査員はうなりました。状況が変わったときの対処能力、問題点の整理。油井さんは自衛隊出身で、しかも部下を指揮する幹部自衛官でした。優先順位づけを徹底されてきた経験を駆使したのでしょう。でも、そのままリーダーシップは執らずに、あえて補佐役に徹した。その『ポジショニング』が絶妙だった」

就職試験ではとにかく目立ちたいと、自分の手柄をアピールしがちだ。だがその誘惑に負けないバランス感覚を、審査員はきちんと見ていたのである。

宇宙飛行士たちの「一発芸」

閉鎖試験中は幾度も変化を与えて揺さぶりをかけ、ファイナリストの「素」をあぶり出していった。極め付きは「一発芸」。「自分の特技で場を和ませろ」という課題が出た際、新人宇宙飛行士の大西卓哉さんが劇団四季の「夢から醒めた夢」をひとり何役かで演じ、大ウケしたことは過去の記事で書いた。

このときの様子をモニタールームで見ていた山口は、大西を見る審査員の目に変化があったという。その真意を尋ねると「それまでの大西さんは、つねに高成績を収めていました。その一方で、彼の行動があまりにもきれいすぎたんです」と意外な答えが。「全日空の副操縦士の大西さんは、何でもスマートにそつなくこなす。もっと感情を表に出したらいいのにと思っていたんです。単に『よくできる人』じゃない部分を」

逆に言うと、「できるだけ」の人はよくないということだろうか?

「どんなに能力が高くても、何を考えているかわからない相手に対して、命を預けられますか?結局、相手を信用できるかどうかがカギです。だから『自分はこんな人間です』と殻を破り、自分をさらけ出すことが大事なんです」」

次ページ若田飛行士が「伸びた」理由
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT