"新人"宇宙飛行士が体得した、異文化理解

実は熱いロシア人、真に打ち解けにくいアメリカ人?

新人宇宙飛行士・大西卓哉氏は、ロシア没入訓練で異文化理解を学んだ

外国人と仕事をする際、まず欠かせないのは語学力だ。だが語学が堪能でも考え方や生活習慣の違いなどに戸惑い、なかなか溝が埋められないと感じたことはないだろうか。

それは、宇宙飛行士の世界でも同じだ。国際宇宙ステーション(ISS)では、米国とロシアの宇宙飛行士が2000年から共に生活し始めた。かつて対立していた2大国は歴史や文化が異なるだけでなく、宇宙船の設計思想や訓練方法も対照的だった。

世界中に「アメリカ村」をつくる米国

では、どのように相互理解を深めているのか。まず、アメリカは異文化対応で独特のアプローチを取る。世界のどこにでも「アメリカ」を作ってしまうのだ。

たとえば日本の米軍基地内にはアメリカンスクール、米国の食料品店、ゴルフ場まである。同様に、ロシア人宇宙飛行士が生活し訓練するモスクワ郊外の「星の街」には、訓練で滞在する米国人用にNASAコテージを作ってしまった。コテージ地下にはトレーニングジムやバーがあるが、ジムにNASAで使っている同じ器具が、バーには米国製のビールまでそろっている。

これでは「異文化」理解は難しい。なぜならロシアの訓練はNASA訓練と対照的であり、米国人の流儀は通用しないからだ。訓練は軍服を着た「ロシア宇宙開発の生き字引」のような教官によってロシア語で行われる。NASAのようにマニュアルはなく、授業は主に口頭と板書。試験も基本的に口頭だ。通訳を使う米国人もいるが、ロシア語で会話しなければ、自国の技術が詰まった宇宙船の操縦知識をあなたに授けようという信頼関係は築けないと言われる。

そこで2000年から始まるISS長期滞在のために、NASAは思い切った訓練を導入した。NASA宇宙飛行士を米国文化から切り離し、ロシアに約6週間「没入」させるのだ。徹底的にロシア語を習得させ、さらに異文化を理解させる。名付けて「ロシア語没入訓練」。日本人宇宙飛行士もこの訓練に参加している。

たとえば2015年にISS長期滞在が決まっている油井亀美也宇宙飛行士は、2012年に参加した。宇宙飛行士になる前、航空自衛隊で戦闘機パイロットも務めた経験を持つ油井は、ロシアに対して「行動が理解できない」「不可解な国」という印象も持っていたという。だが「没入後」は激変。ロシアが大好きになり「よく知らずに一方的に嫌った自分を恥じた」とまで語っている。

次ページ24時間、思い切り「没入」
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT