"新人"宇宙飛行士が体得した、異文化理解 実は熱いロシア人、真に打ち解けにくいアメリカ人?

✎ 1〜 ✎ 7 ✎ 8 ✎ 9 ✎ 最新
拡大
縮小

日本人の柔軟さが「武器」になる

ところで、米国人宇宙飛行士は、没入訓練で異文化理解が進んだのだろうか。

大西によると「楽しんで帰る人と、そうでない人がいる」。実は6週間の没入訓練中、ホームステイにするかホテルに泊まるかは、本人の希望で選ぶことができる。日本人飛行士は、特に制約がなければほとんどホームステイを選ぶ。だが米国人飛行士は半々の割合でホテルを選ぶという。「1日中、ロシア語を聞いてクタクタになったときに、一人で落ち着ける部屋がほしい」というのがその理由だ。

同様に、ホームステイでいろいろな体験をし、ロシア料理がおいしかったという米国人もいれば、食べ物が合わず休日はホテルでのんびりしていた人など、人それぞれ。つまり個人差が大きいのだ。

一方、日本人はアメリカに行けばアメリカに、ロシアに行けばロシアに順応し、相手の文化に柔軟に合わせようと務める。「日本も固有の文化を持っていますが、日本語は海外でまず通用しない。世界でやっていこうと思えば異文化に対応せざるをえない民族だと思う。だからこそ、その柔軟さが日本のすごい武器になるかもしれない」と大西は言う。

ロシアとアメリカ、さらに欧州という異なる文化背景をもつメンバーが滞在するISS。自分の文化や意見を主張する人たちばかりがいては機能しない。相手を尊重し和を重んじる日本人が、意外に重要な役割を果たすことができるのかもしれない。(=敬称略=)

(撮影:尾形文繁)

林 公代 宇宙ライター

著者をフォローすると、最新記事をメールでお知らせします。右上のボタンからフォローください。

はやし きみよ / Kimiyo Hayashi

宇宙ライター。神戸大学文学部英米文学科卒業。日本宇宙少年団情報誌編集長を経て2000年からフリーに。20年以上にわたり宇宙飛行士や宇宙関係者へのインタビュー、NASA、ロシア、日本でのロケット打ち上げや宇宙関連施設、皆既日食などの取材を続ける。著書に「宇宙飛行士の育て方」(日本経済新聞出版社)、「宇宙就職案内」(筑摩書房)、「宇宙へ『出張』してきます」(古川聡宇宙飛行士らと共著、毎日新聞社)、「宇宙の歩き方」(ランダムハウス講談社)など多数。http://gravity-zero.jimdo.com/

 

この著者の記事一覧はこちら
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT