"真のチーム”がないから、日本は勝てない

日本のチームは、単なるグループでしかない?

日本にはすでに優秀な人材、頭脳はある。にもかかわらず、世界のなかで埋没し始めている背景には、「チーム」の不在という問題点がある。メンバーのアイディアや知見をつなぎ合わせることで、イノベーションを起こすチームの作り方について、インテカー代表取締役社長の齋藤ウィリアム浩幸氏に聞く。

日本にはグループはあってもチームがない

日本企業が世界市場で苦戦し、なかなかヒット商品を生み出せなくなっている。その原因についてさまざまな分析がされているが、本質的な理由は日本企業には「チーム」がないことだ。

このように私の考えを述べると「日本人は集団行動が得意で、チームで動いているのではないか」という反応がしばしば返ってくる。実はここに問題の核心がある。日本人が作っているのはチームではなくグループなのだ。

日本に来て私が驚いたのは、日本では企業だけでなく行政も学校も、どこも組織のあり方がとても似ていることだ。そして日本の組織にはチームがなく、どの組織もグループで動いていることだった。

グループとチームの違いとは何か。一言でいえば、グループは似たような人たちの集まりである。同質性が高く、多様性の低い集団だ。日本企業では構成要員の専門性やスキルが同じというだけでなく、出身大学さらには学部が同じといったことも多い。社員同士が「何年入社?」とよく聞くが、これは日本企業にしかない現象だ。

次ページグループとチームの、決定的な違い
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • ブルー・オーシャン教育戦略
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>ガバナンス問われる英国原発

日立製作所が着々と進めてきた英国の原発計画。来年にはすべての認可を得て、進むか退くかの最終判断を迫られる。経済合理性は疑問だが、会長案件という思惑も絡む。今の日立はどう判断するか。まもなくガバナンス改革の真価が問われる。