"真のチーム”がないから、日本は勝てない 日本のチームは、単なるグループでしかない?

拡大
縮小

微妙な入社年度の違いが意味を持ってしまうぐらい、ほかはみんな似通っているということの裏返しである。男女の構成比も、日本ではどちらかに偏っている職場が多い。男性社員中心で構成される部署、女性社員中心で構成される部署が目立つ。これらは典型的なグループだ。

一方、チームとはメンバーの多様性がきわめて高い集団を指す。プロジェクトを進めるに際し、チームは、できるだけメンバーに多様性を持たせることが重要である。専門性やスキルが多様であるだけでなく、年齢や男女構成や文化背景、国籍といった点でも多様であることが望ましい。

また、グループとチームとでは、プロジェクトの進め方も異なる。グループは基本的に、リーダーによって動かされる。リーダーが主導して決定したことをグループのメンバーが真面目に聞き取って実行するのだ。

長年、日本企業では年配で地位の高い人物がリーダーとなってグループに指示を出してきた。一方、チームのリーダーは、最終的な決断は下すが、決断に至るプロセスはメンバーたちが多様なアイディアや意見を出していく。

このようにグループとチームとでは、メンバーの構成と、物事が決められていくプロセスが大きく異なるのだ(図表1)。

次ページなぜ、日本の携帯のデザインは弱いか
関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
【資生堂の研究者】ファンデーションの研究開発の現場に密着
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT